9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

実はこうやって決まる!通貨の人気

 

通貨の人気がどうやって決まるのか。

 

為替レートの変動を誰が決めているのかが分かったあなたなら、

自然と答えが導き出せるのではないでしょうか。

 

そうです。

 

通貨の人気が上がったり下がったりするのも結局は

特定の通貨を買いたい人・売りたい人が集中することで起こります。

 

現在では米ドルが世界基軸通貨としての地位を確立しています。

 

アメリカと貿易などを行っている国では

当然自国の通貨と米ドルを扱っていますから、

米ドルの値動きが直接的に他の通貨にも影響を与えてしまいます。

 

では具体的にどのようなことが引き金になって

ドルの人気が上下するのかについて説明します。

 

 

米ドルに影響を与える要因は幾つかある?

 

 

その1、経済指標の発表(中でも雇用統計)が大きく関わる

 

世界中ではそれぞれの国が経済状態の指標を定期的に発表します。

 

その中でもアメリカの経済指標はダントツトップで、

世界的に見てもかなりインパクトが大きいです。

 

為替

 

雇用統計はアメリカ国内の雇用の状態を数値化したもので

改善しているか・悪化しているかによって

通貨(特にドル)の人気が左右されます。

 

その上で市場に参加しているトレーダーが予想しているよりも

雇用状態が悪化していればドル安に、

反対に改善していればドル高に動くという特徴があります。

 

雇用統計は毎月一度、決まった日時に発表され

その直後に大きくドルの人気が左右されます。

 

 

その2、政府の発言も大きい

 

通貨の人気が左右される要因の一つに、

政府要人の発言も大きなポイントとなります。

 

例えば日本国内で考えてみてください。

 

もし日本で円安が進行しているとします。

 

過去に日本国内で大幅な円安の進行が幾度となく起こりましたが、

一度も1ドル=124円14銭を超えて円安になっていないことから、

この数字が円安のボーダーラインとも言われています。

 

仮に円安でそのボーダーラインまで近づいた場合、

経済の安定化を図ろうと政府で円を買い、

円安が進行しないようにするといった具合です。

 

勿論これは日本国内での話ではありますが、

アメリカ政府の発言の方が影響が大きかったりします。

 

為替

 

アメリカ政府の発言が日本に有利に働く場合は円高に、

逆に不利な場合には円安になるという傾向があります。

 

そもそも通貨の売買は今現在の経済状態というよりも

少し先の将来の経済状態を予測して行われますので、

トレードが頻繁に行われる通貨には自然と人気が高まり、

反対にトレードの頻度が低い通貨は避けられます。

 

つまり通貨の売買の頻度がそのまま

経済状態の良し悪しを反映していると言っても過言ではありません。

 

 

これ以外にも細かく挙げるとたくさんありますが、

先述した内容が最も大きく左右しているということです。

 

その大きな要因を理解出来てさえいれば、

通貨の人気の度合いが計れるようになりますから

今後のトレードにとても有利に働くことは言うまでもありませんね。

 

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、

ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと

ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を

ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535