9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

FX仙人の須藤流FX道場ってどうなの?

須藤流FX道場

《検証商材》須藤流FX道場
《販売者・販売会社》須藤一寿、FX仙人、クロスリテイリング株式会社、松野有希


 

今回はクロスリテイリング株式会社の『須藤流FX道場』
検証してみたいと思います。

 

『須藤流FX道場』はFX仙人の愛称で活動している
須藤一寿氏の3ヵ月間の短期FXスクール
です。

 

須藤一寿氏といえば、ザ・シークレットFX(The Secret FX)ですね。

 

手法はサポレジラインとローソク足の4パターンのみを使用した
独自のプライスアクショントレード
で、
初心者でも勝率9割、月利100%という実績を
実現できると謳われていたことから多くの購入者がでたFX商材
でした。

 

 

クロスリテイリング株式会社の商材の多くは
明かな誇大広告であることはすでに周知の事実ですね。

 

そもそも、ある程度トレードしている人間であれば
「勝率9割、月利100%」という数字が如何に“あり得ない数字”か
わかるかと思いますが、やはりトレード経験の浅い初心者の方などは
こういった魅力的な数字や謳い文句に惹かれてしまう
のは
仕方のないことなのかなと思ってしまいます。

 

 

ちなみに、今回の『須藤流FX道場』で教えてもらえる手法は
ザ・シークレットFX(The Secret FX)とほとんど変わらず、
新しい手法やロジックを学ぶというよりかは
オンラインコンテンツやリアルコンテンツを通して
最短距離で須藤一寿氏のトレードをマスターするのが目的
となっています。

 

須藤一寿氏の手法、ロジックに関しては
以前にも検証していますので、本日は割愛したいと思います。

 

須藤一寿氏の手法、ロジックについてまとめ

 

 

手法自体に目新しさはなく、プライスアクションの王道
酒田五法のトレンド転換サイン(反発シグナル)のパターンへ
アレンジを加えた、須藤一寿氏独自の判断基準
が学べます。

 

 

ちなみに、『須藤流FX道場』の販売価格は298,000円。

 

決して安い買い物ではありませんし、
これから参加を検討している方は
本日の私の検証結果を参考にしてもらえればと思います。

 

 

『須藤流FX道場』に参加すれば、「勝率9割、月利100%」達成なるか?

 

『須藤流FX道場』でも、
ザ・シークレットFX(The Secret FX)の時と同様に
須藤一寿氏の手法で「勝率9割、月利100%」を
達成できると謳われています。

 

しかし、個人的にはそれは現実的ではないと考えています。

 

その理由は、須藤一寿氏自身が「勝率9割、月利100%」という
成績を達成できているという証拠がないから
です。

 

 

『須藤流FX道場』の販売ページには2015年7月~1年間の実績と、
2019年1月~5月までの実績が掲載されていますが、
どしちらも“フォワード実績”としての信ぴょう性はありません。

 

FX仙人の須藤流FX道場

 

FX仙人の須藤流FX道場

 

 

2015年7月~1年間の実績はザ・シークレットFX(The Secret FX)の
販売ページに掲載されていたものの使いまわしですね。

 

前回と同様に、自作の集計表となっており
フォワード実績と呼ぶにはあまりにも頼りありません。

 

また、2019年の実績に関しても
リアルトレードの結果なのか、デモトレードの結果なのか、
どちらかを判断することができない状況。

 

デモトレードであれば、後出しジャンケンで運用できますから
いくらでも『優秀な成績』を得ることができます。

 

 

2015年から「勝率9割、月利100%」を達成しているのであれば
各年の年間取引報告書などを掲載するなど、
フォワード実績を開示する方法
はいくらでもあります。

 

しかし、それをしていないということは
須藤一寿氏本人が謳っているような結果を出しているか
わからないということになります。

 

 

ちなみに、『須藤流FX道場』の販売ページでは
2017年~2018年の運用結果について触れられていません
が、
実はこの間に、ザ・シークレットFX(The Secret FX)購入者へ向けて
須藤一寿氏がシグナル配信
を行っていました。

 

ネット上のBBSや掲示板などでも話題となっていたため、
ご存知の方も多いかと思いますが、
須藤一寿氏はこのシグナル配信で良い結果を残すことができず
配信オファー自体は1年で打ち切り
となりました。

 

 

・週末の無茶なエントリー&持ち越しなどのギャンブル的トレード
・トレード分析を行わない
・実績配信が行われない(集計結果をチャットワークで報告)
・勝率は5割程度
・1日に10連敗することも

 

…などなど、須藤一寿氏のシグナル配信がいかに惨憺たる結果だったか
実際の利用者の方々の口コミから判断することができます。

 

 

確かに、シグナル配信となると、配信者は相当なプレッシャーでしょうし
プライベートトレードのように冷静な判断を続けることは難しい
のはわかります。

 

ですが、それでも配信後の結果をみれば
そのトレーダーの力量がある程度わかるものです。

 

結果的に須藤一寿氏は、シグナル配信で「勝率9割、月利100%」を
達成することは叶いませんでした。

 

つまり、それが須藤一寿氏の本当の“実力”ということです。

 

フォワード実績を開示しない理由(というか開示できない理由?)は
まさにこういったところにあると言ってよいのではないでしょうか。

 

 

『須藤流FX道場』には返金保証があるが、保証条件に注意しましょう!

 

『須藤流FX道場』には返金保証があります。

 

 

「3ヶ月間で成果が出ない場合は、
参加費を全額返金させていただきます。」

 

「しかし、私たちは3ヶ月であなたに
勝率9割、月利100%を達成していただくために全力を尽くします。

 

そして、達成できなかったとしても
全額返金保証もおつけしています。」

 

といった記載がありますが、

 

「成功できない = 勝率9割、月利100%を達成できない」

 

という意味ではありません。

 

 

『須藤流FX道場』の「返金に関して」の項目では
以下のような説明書き
がされています。

 

(1)トレード添削をプロジェクト実施の3ヶ月間で合計6回以上の利用(2)毎週行われるライブ配信内で出題された課題を次のライブ配信で解答が出るまでに取り組み、課題を提出(3)(1),(2)の条件を満たした後、Myfxbookに登録し、その登録情報の提出(注1)(4)対象となるトレードは、推奨通貨ペアかつリアル口座でのトレードとする(5)プロジェクト終了後、3ヶ月間の実践期間で250pips以上獲得実績がないこと(注2)(注3)(6)プロジェクト終了後、3ヶ月間の実践期間で15回以上トレードを行っていること(注4)(7)プロジェクト終了後、3ヶ月間の実践期間でトレードしたものは全て規定の項目を記載してトレードノートを付けていること(注5)(注6)(注7)(8)(3)で提出した口座履歴の提出

 

(注1)口座番号も併せて提出が必要。myfxbookとの連携ができない口座の場合は口座番号がわかる口座履歴を提出(注2)損失pipsは計上しない、純粋な獲得pips(注3)プロジェクト終了後とは3ヶ月のカリキュラムが完了した時点(注4)5分足以下でトレードをする場合は、【60回】以上トレードを行っていたか(注5)トレードノートの形式は問いませんが、実践期間終了後にデータで提出していただきます(注6)紙ノートで記載した場合は、各ページを写真に撮ってをお送りください(注7)規定項目:トレードした際のチャートのキャプチャ画像,トレード日時,トレードした通貨ペア,トレードを行った時間足,自身で引いたラインの価格,なぜそこにラインを引いたのかの根拠,どのパターンでエントリーしたか(カラカサ、トンカチ、1イチ-谷、1イチ-山、2イチ-谷、2イチ-山、1ニ-谷、1ニ-山)、エントリーと決済の価格、エントリーと決済の根拠

 

 

 

要約すると、スクールのコンテンツをしっかりと利用し、毎週課題を提出
Myfxbookの情報を開示して、推奨通貨で3ヵ月間の間に最低15回以上トレード。

 

その間のトレードノートを全て付けて、取引口座履歴を提出し
なおかつ250pips以上獲得実績がなかったら返金しますよという内容です。

 

 

この“250pips以上獲得実績がなかったら”というのが厄介で、
注意の欄に

 

「(注2)損失pipsは計上しない、純粋な獲得pips」

 

と記載されています。

 

つまり、これはトータルで250pipsに満たなかったら
返金しますよということではなく、損失分は計算に含めず
いくら損失を出そうが、250pips以上獲得していれば
返金はしません
ということです。

 

 

250pips獲得していても、300pips負けていれば50pipsの損失。

 

500pips負けていれば250pipsの損失
700pips負けていれば450pipsの損失
1000pips負けていれば750pipsの損失
1500pips負けていれば1250pipsの損失…

 

どれだけトータルで負けたとしても、
250pips以上の勝ちトレードがあれば
返金を受けることはできなくなってしまうんです。

 

 

成功しなければ返金するということですのが、
この返金保証の条件を見る限りでは

 

“トータルで負けたとしても、250pips獲得していたら成功”

 

ということになるかと思います。

 

私には須藤一寿氏の考える『成功の基準』が全く理解できません。

 

 

『須藤流FX道場』の評価

 

評価結果:Bランク
gchart

 

 

上記までの検証で、このスクールへ参加するべきか否か
十分ご判断頂ける
かと思います。

 

本当に結果を出しているトレーダーから
オンラインとリアルを通して手法を学べるのであれば

30万円という金額を支払って参加する価値はあるでしょう。

 

しかし、須藤一寿氏は自身のフォワード実績を
一切公開していないだけでなく、過去のシグナル配信では惨敗。

 

そんなトレーダーが講師を務めるスクールが
たった3ヵ月で30万というのはいかがなものでしょうか?

 

 

さらに、一見良心的とみせておいて
かなり無茶苦茶な返金保証の内容に
もはや開いた口が塞がりません…。

 

このスクールへ30万円投資するくらいであれば
自分の資産運用に回したほうがよっぽど有意義でしょうね。

 

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535