9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

1分スキャル・レジェンドセオリーってどうなの?

1分スキャル・レジェンドセオリー

《検証商材》1分スキャル・レジェンドセオリー
《販売者・販売会社》日本投資家育成機構、佐藤光、本庄翔悟

1分スキャル・レジェンドセオリー
公式販売ページはこちら


 

今回は日本投資家育成機構の
『1分スキャル・レジェンドセオリー』
検証してみたいと思います。

 

 

FX商材でおなじみクロスリテイリンググループ
日本投資家育成機構より新商材が登場しました。

 

講師は“元ホームレス”という経歴を
ウリ?にしている本庄翔悟氏
という人物。

 

 

なんとこの本庄翔悟氏、
トレードで資産を失いホームレスへの転落を経て
現在は投資で月収700万円を稼いでいる
逆転成功を収めているトレーダーだそうです。

 

 

クロスリテイリンググループの最近のオファーは
「元ヤンキー」や「ゲイ」といった
異色の経歴を全面に押し出す傾向
にありますね。

 

もちろん、講師の経歴がどうあれ
重要なのは『手法の優位性』です。

 

今回の『1分スキャル・レジェンドセオリー』も
販売ページではかなり過激な数字や
謳い文句が掲載されていますが、
いうまでもなく参考程度に受け取っておきましょう。

 

 

ちなみに、販売ページ冒頭では
本庄翔悟氏の運用実績が掲載
されています。

 

1分スキャル・レジェンドセオリー

 

1ヶ月で480万の利益、4日で130万の利益、4日で160万の利益など、
非常に魅力的な数字が掲載されていますが
いずれもお手製のデータとなっており
これだけでは信ぴょう性は低い
と言わざるを得ません。

 

 

本庄翔悟氏は現在、トレードで月収700万を稼ぎ
トレードと並行して会社経営も行っている
起業家さん
ということですが、
本当に稼げているのであれば
是非ともフォワード実績を拝見してみたい
ですね。

 

残念ながら、現時点では
本庄翔悟氏のフォワード実績は確認できませんが
日本投資家育成機構の新作ということで
購入を検討している方も少なくない
ようですので
以下より具体的に検証していきたいと思います。

 

 

バイナリー、FX兼用のサインツールが付属

 

『1分スキャル・レジェンドセオリー』は
オリジナルのサインツールを使い、
サインの取捨選択を踏まえた半裁量手法
です。

 

『1分スキャル・レジェンドセオリー』の
サインツールは、トレンドを知らせるトレンドツールと
エントリーポイントを知らせるサインツール

2つツールが用意されています。

 

1分スキャル・レジェンドセオリー

 

小さな星マーク:トレンドの初動を教えてくれるサイン
大きな星マーク:大きなトレンドを教えてくれるサイン

 

1分スキャル・レジェンドセオリー

 

白と黒の星マーク:エントリーの準備サイン
水色の矢印マーク:エントリーチャンスのサイン

 

まずはトレンドのサインを確認して、
その後エントリーサインが表示されたら
裁量判断を加えてエントリー
となります。

 

 

1分足のバイナリーメインとして開発されていますが
FXで使用することも可能
となっており、
5分足で方向性を確認し、執行時間足は1分足となっています。

 

また、推奨通貨ペアはドル円、ユーロドル、
米ドルスイスフラン、スイスフラン円、豪ドル米ドル、
豪ドルニュージーランドドル
の6通貨です。

 

 

100年前の稼ぎ方から生まれた1分足ロジック

 

本庄翔悟氏の手法は
「100年前の稼ぎ方から生まれた1分足ロジック」
とのことで、“本物と偽物の値動き”を
見極めることができる
と謳われています。

 

例によって、FX-Jin氏をはじめとした
クロスリテイリング講師陣も絶賛しています。笑

 

 

さて、そんな本庄翔悟氏の手法は
“出来高”を利用し、大衆心理を読み解き
大きな流れに同調していく
というもの。

 

本庄翔悟氏のいう100年前の稼ぎ方
というのが出来高を使った市場分析のことですね。

 

ロジックは押し目買い・戻り売りのトレンドフォローです。

 

出来方はMT4のインジケーターでいうVolumes。

 

Volumesは取引量を示すテクニカルで
チャートの下方はヒストグラムとして表示
されます。

 

取引量が多ければ出来高が大きく表示され、
取引量が少なければ出来高は小さく表示
されます。

 

1分スキャル・レジェンドセオリー

 

 

この出来高と、ローソク足の勢いを分析することで
現在発生しているトレンドの信用度、
今後の方向性を予測
していくわけですね。

 

 

 

こちらの動画では、出来高とローソク足の
関係性について説明されていますが、

 

『大きいローソク足 & 大きい出来高』
『小さいローソク足 & 小さい出来高』

 

が表示されている場面は
値動きの信ぴょう性が高まり

 

『大きいローソク足 & 小さい出来高』
『小さいローソク足 & 大きい出来高』

 

が表示されている場合は
信ぴょう性の低い値動きだと解釈することができます。

 

 

ローソク足が大きく、出来高も大きいということは
価格が伸びており、同時に取引量も多いことを示しており、
逆にローソク足が小さく、出来高も小さい場合は
価格が伸び悩み、取引量も少ない場面ということになります。

 

逆に、ローソク足が大きく、出来高が小さいということは
価格が伸びているが、取引量が少ないということを示しており
ローソク足が小さく、出来高が大きいということは
価格が伸び悩み、取引量が多くなっていることを示します。

 

 

前者の場合であれば、市場の価格と取引量が比例しているため
市場の需要と供給が判断しやすい
わけですが、

 

後者の場合は、価格と取引量が比例しておらす、
今後の展開が予測しずらくなってきます。

 

 

『大きいローソク足 & 小さい出来高』という場面は
少ない取引量で大きな金額が動いていることになりますから、
機関投資家などの大口のトレーダーによる
“市場操作”
が考えられますし、

 

『小さいローソク足 & 大きい出来高』という場面では
市場参加者がせめぎあっている根拠となり、
小さな金額で、多くの取引が収集しているため
今後、どう動いていくかが判断しづらい場面
と言えます。

 

 

こういった本庄翔悟氏の考え方には私も賛同できますし、
出来高を使い市場の大きな流れを判断することには
確かな有効性があります
が、

 

個人的に疑問視しているのは、
本庄翔悟氏の出来高分析の具体的なロジックが
公開されていないという点
です。

 

MT4の出来高は「ティックの動いた数」であり、
本来の意味での“出来高”とは異なり
ます。

 

これをどういう判断基準で出来高として見るかによって
大衆心理を読み解く精度は大きく変わってきます
が、
この部分が明確に明かされていないのは
商材として不完全なのではないか
と感じてしまいますね。

 

 

『1分スキャル・レジェンドセオリー』の評価

 

評価結果:Bランク
gchart

 

 

大衆心理を読み解くことでダマしを回避し
“信頼できる値動き”に乗っかっていく考え方

ものに出来れば、相当大きな武器となります。

 

本庄翔悟氏と同じく、出来高分析には
確かな優位性があると私も考えていますが、
肝心なのは、出来高をどのように捉えているか
です。

 

 

先ほどもお話しましたように、
『1分スキャル・レジェンドセオリー』では
本庄翔悟氏の具体的な出来高分析の基準
までは
明らかにされていません。

 

あくまで、本庄翔悟氏のロジックから構築とした
サインツールを利用できるというだけ
です。

 

 

もしも、本庄翔悟氏の出来高分析に優位性がなければ
『1分スキャル・レジェンドセオリー』の
サインツールに優位性がないということ
になります。

 

根本的な部分が明らかにされていないため、
本庄翔悟氏の手法の優位性の判断材料の一つ
として考えられるのがフォワード実績
でしょう。

 

しかし、現時点ではフォワード実績も未公開。

 

 

優位性を証明する要素があまりにも伏せられているため
商材として発表するのは、ちょっと厳しいんじゃないのか…

と思ってしまいますね。

 

それでいて、販売価格も約8万円と高額。

 

ですから、販売価格に対して“説得力に欠ける”ため
購入価値はそこまで高くないだろう、
というのが私の見解ですね。

 

 

1分スキャル・レジェンドセオリー
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535