9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

FX Realize(FXリアライズ)ってどうなの?

FX Realize(FXリアライズ)

《検証商材》FX Realize(FXリアライズ)
《販売者・販売会社》BELLSTONE 株式会社、石塚勝博

FX Realize(FXリアライズ)
公式販売ページはこちら


 

今回はBELLSTONE 株式会社の手掛ける
『FX Realize(FXリアライズ)』について
検証を行ってみたいと思います。

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』は
人気のFX商材販売者である石塚勝博氏の新作で
販売開始から未だに売れているヒット商品の一つ
です。

 

石塚勝博氏といえば、トレーダーとしての実力はもちろんのこと
講師としても高い評価を集めており、
特に徹底したサポートに定評のある販売者さん
ですね。

 

当ブログでも、石塚勝博氏の過去商材は
比較的高く評価
しています。

 

Platinum Kubera FX(プラチナクベーラFX)ってどうなの?

 

 

また、石塚勝博氏の商材の特徴は
サインツールを使ったシストレ手法の中で
裁量技術を学んでいくことをモットー
としており、
今回の『FX Realize(FXリアライズ)』でも
その学習スタイルは引き継がれています。

 

さらに、個人的に石塚勝博氏の商材に
好印象を抱いている点の一つとして

 

“過剰な誇大広告がない”

 

というところです。

 

 

FX商材の多くは現実的ではない数字や
「誇大広告」と問われてもおかしくないような
過激なキャッチコピーをを掲げているものが
大半を占めているわけですが、

 

石塚勝博氏のオファーの場合、
あり得ない利回りや勝率、利益などを謳わず
極めて現実的な謳い文句
で手法を販売しています。

 

 

販売者としては少しでも商材が売れてほしいわけですから
少なからず大げさな表現をしてしまう
のも
わからなくもありませんが、
石塚勝博氏はそういった部分においても
真摯な姿勢で手法を提供している数少ない販売者さん
です。

 

そういった様々な理由から、
確実にファンを獲得している石塚勝博氏ですので
今回の新作がヒットを打ち出しているもの
納得と言っていいでしょう。

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』のロジックは王道的なトレンドフォロー

 

まずはこちらをご覧下さい。

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』ドル円1時間足の
トレード動画
ですが、こちらからもわかるように
今回のロジックは押し目買い・戻り売りで仕掛ける
トレンドフォロー
となっています。

 

今回の手法もサインツールによるシストレ手法に加え
応用として裁量トレード
を学んでいきます。

 

矢印サインに従いエントリー、
チェックボックスマークが決済ポイントで、
バツボックスマークが損切ポイント。

 

使用するインジケーターは、ボリンジャーバンド、
移動平均線、ZigZagで、各インジケーターの条件をもとに
エントリーから決済までの判断
を行っていきます。

 

 

エントリー、決済、損切のポイント全てで
シグナル表示があるため、
初心者にも優しいツール
に仕上がっていますね。

 

また、これらのサインに従って無裁量で運用した場合でも
5~7割程度の勝率を期待できる
とのことです。

 

 

推奨通貨ペアはドル/円、ポンド/円、ポンド/ドル、
ユーロ/円、ユーロ/ドル、ビットコイン/ドル、
ビットコイン/円
の合計7通貨ペア。

 

 

執行時間足は5分足、15分足、1時間足となっており
15分足、1時間足でのトレードであれば
基本的に24時間取引が可能
となっています。

 

ちなみに、5分足では9時~15時の「東京市場」、
15時~25時頃「欧州市場~NY市場」の
活発に動きやすい時間帯でのトレードが推奨
されています。

 

 

取引回数は時間帯、値動き、業者、通貨ペア、
設定(テンプレート)によって変動
してきますが、

 

おおむね5分足では1日当たり1通貨ペアで10~15回程度、
15分足であれば、1日当たり1通貨ペアで1~5回程度、
1時間足であれば、1日当たり1通貨ペアで0~3回程度

エントリーチャンスが訪れるとのことです。

 

 

そして、『FX Realize(FXリアライズ)』のトレードルールの
大きな特徴として、「分割エントリー」
が挙げられます。

 

ロジックは王道的な押し目買い・戻り売りの
トレンドフォローですが、
エントリーサイン配信のタイミングが
深い場合もあれば浅い場合
もあります。

 

そこで、エントリーサインを3段階の分割で表示するこで
リスクヘッジと利益の最大化
を狙います。

 

 

販売ページでも解説されていますが、
1段階目のエントリー後に2段階目のエントリーが発生した場合は、
1段階目のポジションのストップロス注文を、
2段階目のエントリーのストップロス価格に移動
します。

 

この要領で、3段階目のエントリーが発生した場合もストップロスを移動します。

 

ただ、ボラティリティの関係上、
3段階目までのエントリーサインが表示されるのは
ポンド円のみとなっており、
それ以外の通貨ペアでは2段階目まで
となっています。

 

 

押し目買い・戻り売りの王道的なトレンドフォローでありながら
押し目・戻りの深さに合わせた分割エントリーにより
リスクヘッジと利益の最大化を図るための
ロジカルかつ堅実的なストラテジーに仕上がっている
わけですね。

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』はサインツールだけではない

 

『FX Realize(FXリアライズ)』の魅力は
トレードの補助を行ってくれる
サインツールとして使用するだけではなく
EAとして使用することもできる
というところです。

 

残念ながらEAのフォワード実績は公開されていませんが、
販売ページに掲載されているバックテストのデータから
比較的安定運用が期待できる
ことがわかりまず。

 

FX Realize(FXリアライズ)

 

こちらが『FX Realize(FXリアライズ)』の
ストラテジーテスターレポートですが、
いずれの通貨においてもプロフィットファクタ
1~2という成績を出していることが確認
できます。

 

超優秀なEA!とまでは言えませんが
極めて現実的な数字
です。

 

 

多くのEAのバックテストデータは
プロフィットファクタが極端に高いことが多いのですが
そういうEAは大抵カーブフィッティングが疑われます。

 

プロフィットファクタ2~3であれば
期待値の高いEAと判断
することができますが
それ以上に高い成績を出しているEAの場合、
最適化している可能性は少なくありません。

 

 

そう考えると『FX Realize(FXリアライズ)』の
バックテストデータが如何に信ぴょう性があるか
よくわかるかと思います。

 

自分のツールを良く魅せるがために
極端に最適化した結果を掲載していない
ところは
石塚勝博氏の誠実な人柄が伺えますね。

 

 
2018年、約9カ月が過ぎ、ドル円の利益が小さく、ポンド円の利益が特に大きいです。
ドル円は、3月から4月中旬にかけてのドローダウン(成績が落込む)が影響しています。
この期間は、約1年半ぶりに105円の安値を付け、安値圏でもみ合っていたため機能しませんでした。
ポンド円は、ボラティリティー(価格変動)が大きい通貨ペアですが、
5月末頃から特にロジックが機能して後半大きく利益が伸びました。

 

シグナル通り完全無裁量トレードの結果は、そのときどきの相場で成績の波は当然でます。
この様な結果になるシグナルトレードをスタート地点とし、
精度を高める事を目的としたノウハウに絞り学びながら取り入れて行こう…
というコンセプトです。

 

引用:『FX Realize(FXリアライズ)』 販売ページ

 

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』の成績に関して
石塚勝博氏はこのようにコメントしています。

 

見栄えの良い部分だけではなく、
ツールや手法の弱点や負けた理由も
しっかりと公開する姿勢は流石
ですね。

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』の評価

 

評価結果:Aランク
gchart

 

 

『FX Realize(FXリアライズ)』はサインツール&EAではありますが
いうまでもなく、裁量を学ぶことが大前提
です。

 

無裁量で楽に資産を増やすことができる
便利ツール
というわではありません。

 

EAでの運用あれば全員が同様の結果となりますが、
サインツールで運用した場合は
裁量判断が求められる
ため、
実践者によって結果は大きく異なります。

 

 

とはいえ、石塚勝博氏の手法はシンプルであり
大切な要点をしっかりと抑えていますから、
しっかりと向き合うことで
自信のスキルアップ向上がおおいに期待できる
でしょう。

 

また、今回も石塚勝博氏による
マンツーマンの個別サポートも健在

 

情報商材の多くは、
無知なスタッフがサポート担当していることが
ほとんどですが、石塚勝博氏は一貫して
ご自身一人だけですべての顧客へサポート
を行っています。

 

 

今回の『FX Realize(FXリアライズ)』でも
それは同様なわけですが、
サポートに対する姿勢からも
石塚勝博氏の誠実さがよく伝わってきます。

 

 

このツールを使えば、すぐに結果が出せるとか
簡単に稼げるとういうようなものではありませんが、
石塚勝博氏のサポートも有効活用しつつ
長く付き合っていける良質なトレード教材に仕上がっている

というのが私の見解です。

 

 

FX Realize(FXリアライズ)
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535