9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』ってどうなの?

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

《検証商材》元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』
《販売者・販売会社》合同会社クリプロ、谷中伴行

仮想通貨アービシステム『T・F・A』
公式販売ページはこちら


 

本日は合同会社クリプロの
仮想通貨アービシステム『T・F・A』を検証していこうと思います。

 

開発者はFXCMジャパン(現楽天証券)の元社長、谷中伴行氏

 

FXCMジャパンの代表に就任する以前には、野村証券、
モルガンスタンレー証券、シティバンク証券、USB証券などを渡り歩いてきた
元機関投資家
であり、その経歴は華々しいものがあります。

 

 

谷中伴行氏といえば、過去に「プライス乖離FX」という
FX関連の高額オファー
を手掛けていましたね。

 

FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長、谷中伴行監修「プライス乖離FX」とは?

 

プライス乖離FXは、その名の通り“乖離(かいり)率”を用いたトレード法でした。

 

当ブログでもプライス乖離FXを検証していますが、
販売価格が約20万円という高額であることに対して
ツールの優位性を裏付ける根拠が公開されていなかった
ことから
特別おすすめはしていませんでした。

 

 

とはいえ、元機関投資家として確かな経歴を持つ谷中伴行氏の
新作
ということもあって、仮想通貨アービシステム『T・F・A』の購入を
検討している方が少なくない
ようです。

 

そして今回の新作、仮想通貨アービシステム『T・F・A』は
平均勝率98.2%、平均月利11.7%を記録しているという
仮想通貨トレード専用のアービトラージシステム。

 

 

谷中伴行氏はこれまでFXをメインで運用していたとのことですが、
昨今の仮想通貨ブームに便乗して、仮想通貨投資にも参入したようですね。

 

 

果たして今回の新作、仮想通貨アービシステム『T・F・A』には
どれだけの優位性があるのか、以下より具体的に検証していきたいと思います。

 

 

仮想通貨アービトラージとは

 

アービトラージ(裁定取引)は2つの同一の価格を持つ商品の
一時的な価格差が生じた際に、安いほうを買い、高く売って
その利ザヤを狙う
という手法
です。

 

利ザヤを狙うことから、サヤ取り取引などともいわれますね。

 

例えば、取引業者①で10万円の商品が、
取引業者②では11万円という価格差が開いている
とします。

 

この時に、取引業者①で10万円で買い、
取引業者②で11万円で売ることによって
1万円の利益になる
というわけです。

 

 

この取引ロジックは古くは江戸時代から存在し、
株取引やFXでの運用がメジャーですが、
現在は「仮想通貨市場において特に向いている」
とされています。

 

 

■仮想通貨がアービトラージに向いている理由①

 

『取引システムが完全に整っていない』

 

仮想通貨の取引所は世界で20拠点以上ありますが、
取引所によってそれぞれ違った取引システムを採用しています。

 

つまり、仮想通貨市場全体として
取引システムが完全に整っていない
のです。

 

そのため、為替などに比べて取引所間での価格差が
生まれやすくなっている
というわけです。

 

 

■仮想通貨がアービトラージに向いている理由②

 

『市場参加者(ライバル)が少ない』

 

仮想通貨市場は、他の金融商品と比べれば
まだまだ参加者(ライバル)が少ないのが現状です。

 

FXなどで考えてもらえれば分かりやすいかと思いますが、
参加者が多い市場ほど、価格差は調整されやすく
効率的にアービトラージを行うことができなくなってきます。

 

一方、仮想通貨市場では参加者がまだ少ないため
競争率が低くなりますから、価格差の調整に時間がかかり
アービトラージで利益を出しやすい環境が整っている
といえるのです。

 

 

■仮想通貨がアービトラージに向いている理由③

 

『マーケット内の参加者のみで取引しているから』

 

これは先の理由と若干被る部分でもあるのですが、
仮想通貨市場の場合、世界中の参加者と
トレードし合っているわけではありません。

 

あくまで、同じ取引所内のユーザー同士での取引となります。

 

その取引所内のユーザー同士の需要と供給で価格が決まるので、
同じコインでも取引所ごとに価格差が生まれやすいのです。

 

 

このようにアービトラージを行うにあたって
どうして仮想通貨が有利なのかがわかるかと思います。

 

しかし、アービトラージのデメリットとして一番に挙げられるのは
“常にチャートをチェックしていなければいけない”というところでしょう。

 

 

また、仮想通貨アービトラージを行うのであれば
出来る限り複数の取引所で口座を開設したほうが
トレードチャンスが多くなり効率的に運用が可能
となります。

 

とはいえ、利用する取引所の数が増えるということは
それだけ価格差をチェックする作業が増える
ということにもなります。

 

 

1日中チャートへ向き合うことができる人であれば
問題ありませんが、兼業でトレードしている方などには
“非効率”な運用方法となってしまう
わけです。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』の取引手順

 

価格が安い取引所でコインを買い、
そのコインを価格の高い取引所で売る
という
非常にシンプルなトレードがアービトラージですから
理論上、確実に利益を得ることができるわけです。

 

『T・F・A』では、平均勝率98.2%という数字を
実現しているとのことですが、
アービトラージの性質を考えれば
これだけの勝率を叩き出せるのも納得
でしょう。

 

 

さて、その上で、『T・F・A』では
具体的にどういったサービスを利用できるのでしょうか?

 

販売ページでは以下のように記載されています。

 

■ステップ1.メール通知を受け取る

 

■ステップ2.取引所で仮想通貨を取引する

 

■ステップ3.利確を行う

 

 

 

『T・F・A』では、どの取引所間で価格差が発生しているのかを
24時間365日常に市場を監視しているとのこと。

 

そして、価格差の発生が確認できたタイミングで
コインの価格や取引所などの“取引情報”がメールで通知
され、

 

その情報を元に、指定の取引所へログインし
価格差が発生していることを確認して
トレードを行うだけという非常にシンプルなもの
です。

 

 

アービトラージの性質上、
トレンドに左右されることもありませんし、
単純に安く買って、高く売るだけ
ですから

 

どの取引所で安くなっていて、
どの取引所で高くなっているかさえわかればいい
わけです。

 

 

先ほども軽くお話しましたが、
アービトラージを行うにあたって
実践者が最も負担となるのは「価格差のチェック」

 

この作業を、『T・F・A』が自動で行い
通知してくれる
というわけですね。

 

 

メール通知のタイムラグなどが懸念されますが、
価格差が開いているかどうかは取引所へログインした段階でわかりますから、
万が一、メール通知のタイムラグで
価格差が閉じてしまった場合はトレードしなければいいだけ
です。

 

 

とは言っても、『T・F・A』では1日のメール配信数は
10回~30回
ということです。

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

こちらの画像は、実際のメール通知のキャプチャですが
トレードチャンスは十分豊富ですし、
1日で一回もトレードできない…ということはまずない
でしょう。

 

 

その上で、各取引所間の価格差のチェック作業を省き、
価格差が発生したタイミングで通知を受け取り
それに従いトレード
できる。

 

そう考えれば、『T・F・A』を利用することで極めて効率的な
アービトラージが可能
になるといえるでしょう。

 

 

『仮想通貨アービシステム『T・F・A』』の評価

 

評価結果:Sランク
gchart

 

 

また、このオファーを評価するにあたって
チェックしておきたいポイントは

 

全額返金保証
谷中伴行氏による個別サポート

 

が挙げられます。

 

■仮想通貨アービシステム『T・F・A』返金保証

 

1ヶ月間(計30日間)『T・F・A』のカリキュラムに沿って実践し、
取引を行ったにも関わらず、
トータル収支がプラスにならなかった場合、
購入金額については全額返金させていただきます。

 

返金をご希望の際には、以下の4つを事務局側に送付してください。
・1ヶ月間(計30日間)受信したメール履歴
・各取引所の1ヶ月間(計30日間)の取引履歴
・購入者の本人確認ができる証明書(運転免許証などのコピー)
・返金の振込先口座情報

 

引用:仮想通貨アービシステム『T・F・A』 販売ページ

 

 

このように、『T・F・A』では
万が一利益が出せなかった場合の保証として
購入者へ購入代金の全額返金を約束
しています。

 

初めて仮想通貨でトレードを開始する人や
初めてアービトラージシステムを利用する人でも
こういった保証があれば安心して取り組みやすい
でしょう。

 

 

とは言っても、『T・F・A』の販売ページでは
谷中伴行氏の各取引所の口座キャプチャが掲載されており
このシステムで順調に資産運用できていることが確認
できます。

 

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

このキャプチャ画像から、システムの優位性は確かなものである
ということを判断することができます
が、

 

それでも、万が一に備えてダメ押し的に
購入者へ“返金保証”を用意しているところは
谷中伴行氏の誠実さ
が伝わってきます
ね。

 

 

さらに、購入から180日間谷中伴行氏による
個別サポート(電話&メール)も完備
されています。

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』

 

ここ最近は、講師本人が個別でサポートを行う商材が増えてきましたが
そういった商材の多くは優良商材である可能性が高い傾向
にあります。

 

まぁ、『T・F・A』の場合は
単純に取引情報が記載されたメールを受け取り
それに従って売買するだけ
ですから、

 

手法的な部分で躓くということはないと思いますが
それでも、初心者の方や、初めてアービトラージをする方にとっては
谷中伴行氏へ直接問い合わせできるというのは心強い
はずです。

 

 

返金保証に関しても、谷中伴行氏の個別サポートにしても
購入者の目線に立った真摯な姿勢が垣間見れますし、
巷に出回っている他の仮想通貨アービトラージ手法と比べれば
かなり信用度の高いオファー
だといえるでしょう。

 

FXCMジャパンの代表を務めた
元機関投資家という谷中伴行氏
ですが、
ネームバリューだけで売ろうとしている印象はなく
システムの期待値、コンテンツ内容、サービス内容、保証内容と
単純に“情報商材”として高く評価
できますね。

 

 

期待値の高い仮想通貨アービトラージシステム
探しているという方は、選択肢の一つとして
『T・F・A』の購入を検討してみても良いでしょうね。

 

 

仮想通貨アービシステム『T・F・A』
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535