9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

Go!Go!!スキャルFXってどうなの?

Go!Go!!スキャルFX

《検証商材》Go!Go!!スキャルFX
《販売者・販売会社》クロスリテイリング株式会社、松野有希、本田浩輝

Go!Go!!スキャルFX
公式販売ページはこちら


 

本日はクロスリテイリング株式会社の新作
『Go!Go!!スキャルFX』を検証していこうと思います。

 

今回の商材は、20歳にして年収4000千万円を稼ぎ出すという
兼業トレーダー本田浩輝氏
という人物。

 

■本田浩輝氏のプロフィール

 

もともと地元では有名な不良少年で元ヤンキー、
喧嘩や傷害事件など非行に明け暮れた毎日を送る。

 

中卒で勉強もろくにせず辿り着いた先は
早朝から夜遅くまで働かなければいけないブラック企業。

 

低賃金で奴隷のように働かされ目的も何もない
堕落した毎日と何事にも中途半端な自分に嫌気が指し、
幼い頃から興味を抱いていたFXの世界に飛び込む。

 

(中略)

 

そして今回、驚異の勝率92%、
1日最高300回の絶大なチャンス量を誇る
常識破りのスキャルピング手法を引っさげ、

 

どん底の負け組から年収4000万円の勝ち組へ
這い上がるキッカケになった最高峰のロジックを、
極秘プロジェクトとして、一部の方だけに公開することになった。

 

引用:『Go!Go!!スキャルFX』 販売ページ

 

 

このように、本田浩輝氏は
なかなか衝撃的な経歴を持っているトレーダーだそうです。

 

『Go!Go!!スキャルFX』が公開される以前のローンチオファーでも
本田浩輝氏の「元ヤンキー」「傷害事件」といった
デリケートな話題
が取り上げられていました。

 

ちなみに、クロスリテイリング株式会社のとある商材で以前、
講師の「キャラ自演」が発覚する事件
がありましたね。

 

そういったこともあってか、
ネット上では本田浩輝氏の経歴もキャラクター設定だろう
といった声が出ていますが、現状では本田浩輝氏の経歴が
自演なのかどうかを確認する術はありません。

 

 

良い意味でも悪い意味でも、本田浩輝氏の衝撃的な経歴ありきで
注目が集まっているのかなぁという印象
を受けますね。

 

『Go!Go!!スキャルFX』は3分でトレードが完結する
新感覚のスキャルピング手法
とのことですが、
どれだけの期待値を秘めた手法なのか
以下より具体的に検証していきたいと思います。

 

 

『Go!Go!!スキャルFX』のサインツールを検証

 

『Go!Go!!スキャルFX』は1分足のスキャルピング
推奨通貨ペアはドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル
1日300回ほどのエントリーチャンスが訪れるとのこと。

 

また、1時間足へのデイトレへの応用も可能となっています。

 

 

『Go!Go!!スキャルFX』では
このように専用のサインツールと
「ビクトリーライト」というオリジナルインジ
により
エントリー判断を行っていきます。

 

ビクトリーライトはチャートの下にある
点線のインジケーターで、
トレンド発生時に太い点線となり
その色でトレンド方向を知らせてくれます。

 

ビクトリーライトが赤色であればアップトレンド、
青色であればダウントレンド。

 

 

そして、ビクトリーライト点灯と同じタイミングで
同方向の矢印サインが出たところでエントリー
していきます。

 

 

また、決済は「自動決済ツール」を使用します。

 

Go!Go!!スキャルFX

 

エントリーと同時にこちらのツールの設定を行い
あとはツールが自動で決済してくれるのを待つだけ。

 

ちなみに、『Go!Go!!スキャルFX』は
エントリーから3分(ローソク足3本分)での決済が原則。

 

1時間足デイトレードの場合は
エントリーから3時間(ローソク足3本分)で決済
となります。

 

 

手法のロジックは、レンジブレイクで仕掛ける順張りと
レンジ相場での逆張り
となっており
手法としては王道的ではありますが
3分決済という独自性の高い決済ロジックが面白いですね。

 

エントリーチャンスも極めて多く、
トレンド、レンジ、どちらでも仕掛けられるため
ちょっとしたスキマ時間でトレードできますし、

 

ポジションの保有時間も限定されているので
精神的にも楽に取り組むことが出来る
でしょう。

 

 

『Go!Go!!スキャルFX』の注意点

 

サインに従うシストレ手法であり、
エントリーチャンスも豊富
決済も自動ということで
初心者でも簡単に取り組むことができる

 

『Go!Go!!スキャルFX』にはそういったイメージを
抱く方が少なくないかと思いますが、
この手法には1つだけ注意しなければいけない点があります。

 

 

それは、「損切り」を行わないという点です。

 

 

『Go!Go!!スキャルFX』で損切りをしない理由は
エントリーから3分後(1分足スキャル)、
3時間後(1時間デイトレ)で自動決済されるロジック
ですから

 

損切りの設定をすることで、
本来なら3分後(または3時間後)に利益に繋がっていたところが、
1、2分後(または1、2時間後)の段階で
早めに損切りになってしまった場合、損失に繋がってしまうため
とのこと。

 

 

ロジックの特性上、損切りを推奨しないという
本田浩輝氏の考えもわからなくもありませんが
例え1分だったとしても数十pips動くこともあります。

 

もしもそれがエントリーと反対方向だった場合
どこまでも損失が膨らんでいくことになりますから、
一度で大きなドローダウンを食らう可能性は否定できません。

 

 

1分足スキャルピングのため
トレードの数をこなしてコツコツと利益を稼いでいくわけですが
反対方向に大きく動いてしまった場合、
まさに「コツコツドカン」の最悪のパターンにハマる
でしょう。

 

シンプルなエントリールールと
決済ロジックの独自性ばかりに目が行きがちですが
資金管理の面ではかなり大きな不安が残るストラテジーと言えます。

 

 

『Go!Go!!スキャルFX』の評価

 

評価結果:Bランク
gchart

 

 

今回の『Go!Go!!スキャルFX』も販売開始から
早くも注目を集めていますが
個人的には期待値は高くないと考えています。

 

 

その理由は、先ほども指摘した
「損切り」をしないことによる資金管理の甘さ。

 

また、サインツールやビクトリーライトの
優位性も証明されていません。

 

 

販売ページでは『Go!Go!!スキャルFX』は
勝率92%、年収4,000万円という成績を
得ていると謳われていますが
今回もフォワード実績の掲載はなし。

 

本田浩輝氏のトレード結果として
約3時間分の成績が掲載されていますが、
詳細は非公開であり結果の数字のみの記載となっています。

 

Go!Go!!スキャルFX

 

数字だけを見れば非常に素晴らしい成績ですが
これだけでは何の参考にもならない
ことは
言うまでもありません。

 

 

さらに言えば、『Go!Go!!スキャルFX』は
無裁量ではありませんから
サインの取捨選択(裁量判断)が必要
となります。

 

ツールの優位性が不透明な時点で
裁量判断の補助ツールとして利用することは
現実的ではありません。

 

 

3分(3時間)決済という決済ロジックは
独自性があり面白い
なと思いますが
本田浩輝氏の実績もなければ
ツールの優位性を証明するデータもない

 

さらには資金管理の面に疑問が残るため
わざわざ購入する必要はないだろうというのが私の見解ですね。

 

 

Go!Go!!スキャルFX
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535