9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

一体誰が為替レートを決めているのかが気になる

 

円高と円安についてある程度理解はしてもらえたと思いますが、

ここで1つの壁にぶち当たります。

 

多くの初心者が抱える問題、それは

 

円高や円安の為替レートは一体誰が決めているんですか!?

 

ではないでしょうか。

 

為替

 

確かに物事のルールは、必ず誰かが設定するのが普通です。

 

そうなれば、為替レートも誰かが決めていると考えて

なんら不思議ではありません。

 

早く答えを知りたい人のために最初に言っておくと、

 

 

為替レートは相場に参加している人全員の

 “需要と供給のバランス”で、刻一刻と変動する』

 

ということです。

 

需要と供給のバランス…

 

つまり、提示されている現在の価格に対して

買いたい人と売りたい人のバランスによって変動するということです。

 

為替の取引市場があれば、そこの人間が決めることは可能ですが、

為替にはそのような場所が存在しないので、

そうなると決めるのは、トレードに参加している人ということになります。

 

例えば米ドルを買いたいという人が短期間に集中すれば価値が上がり、

反対に買いたい人が少なければ価値は下がります。

 

ドルを売りたい人がいて、Xさんは1ドル=107円で買いたい、

Yさんは1ドル=103円で買いたいとします。

 

その場合、1ドル=107円で注文を出しているXさんから買った方が

Yさんから買うよりも4円得します。

 

ですが急にZさんが1ドル=110円で買いたいと言って来たら、

さっきよりも利益が見込めるため、Zさんにドルを売りたいと考えます。

 

ですがXさんはどうしてもドルを買いたいので、

111円まで価格を上げます。

 

結果的に1番高い価格で注文を出したXさんにドルを売ることになります。

 

この時に、1ドル=111円という為替レートになるわけです。

 

今度は1円しか違いが無いので、110円の買い注文を出したZさんが

今はドルの人気が低いかも知れないと判断して

買い注文を取り消すとします。

 

そうするとYさんの1ドル103円の注文が残ります。

 

となるとドルを売る側はYさんに、1ドル=103円で売ることになります。

 

この時の為替レートが1ドル103円になります。

 

為替

 

いかがですか?

 

トレーダの売買によって為替レートが変化しているのが分かりますね。

 

つまり為替レートとは、その瞬間の通貨の人気(価格の高低)で

変動するということです。

 

世界中では至る所で24時間トレードが行われていますから、

変動は数秒単位で起こることになります。

 

為替レートの変動についての基本的な仕組みは以上です。

 

多くのトレーダーが一寸先を予測して価格を上げたり留まったりするので、

一種の競売(オークション)のようにも思え、

通貨を競り落とす感覚に近いとも言えますね。

 

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、

ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと

ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を

ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535