9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)ってどうなの?

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)

《検証商材》プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)
《販売者・販売会社》グローバル・ロイズ株式会社、松山裕典、コウスケ

プロフェッショナル・トリガーFX
公式販売ページはこちら


 

本日はグローバル・ロイズ株式会社による
『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』
を検証していこうと思います。

 

 

プロフェッショナル・トリガーFX、
通称『プロトリFX』と呼ばれているようですね。

 

講師は一部で有名なFXトレーダーコウスケ氏

 

販売ページでも解説されていますが、
元ヴィジュアル系バンドのギタリストという
異色の経歴を持ったトレーダーさん
です。

 

 

そして、販売を担っているのが
ロングヒット商材、ドラゴン・ストラテジーFXでお馴染みの
グローバル・ロイズ株式会社

 

グローバル・ロイズ株式会社では、ドラストFXの他にも
ブラックAI・ストラテジーFXやモンスター・トレンドゾーンFX
といった人気商材も販売
していますね。

 

 

いずれの商材もFXサインツールとなっており、
今回の『プロトリFX』も同様です。

 

グローバル・ロイズ株式会社がこれまで販売してきたツールは
いずれもフォワード実績が非公開であり、
販売ページ上ではツールの優位性を判断することは
なかなか難しいものばかり
でした。

 

そういったこともあって、当ブログでは
グローバル・ロイズ株式会社のこれまでのツールは
特別おすすめはしてきませんでしたが、

 

今回の『プロトリFX』では、販売ページ上で
わずかながらフォワード実績が開示されています。

 

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)

 

 

運用期間は2018年4月~5月までの2ヶ月と
決して多くはありませんが、
これまでのツールではフォワード実績は一切非公開でしたので
その点に関して『プロトリFX』は多少は信用できるかなと。

 

とは言っても、もう少し長期の成績を
開示してくれてもよかったんじゃないの?

と思ってしまったのは素直な感想ですね。苦笑

 

 

しかしながら、今回の新作も販売開始から
飛ぶように売れているようですので、
『プロトリFX』にどれだけの期待値が秘められているか
以下より具体的に検証
していきたいと思います。

 

 

『プロトリFX』のツール期待値を検証 ※残念ながら今回もロジックは非公開

 

『プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)』は
サインに従ってトレードしていくシストレツールです。

 

 

 

トレードルールは至ってシンプルで、
配信されるサインに従ってエントリー、
×印のサインが出たところで決済するだけです。

 

解説動画からも確認できるかと思いますが、
チャートに表示されているインジケーターは
色違いの複数のボリンジャーバンド。

 

こちらのボリンジャーバンドは5分足、1時間足となっており
マルチタイムフレーム分析による環境認識が導入されています。

 

 

ロジックは非公開ですが、公開されている動画や画像から判断するに
押し目・戻りで仕掛ける5分足(デイトレ)のトレンドフォロー
でしょう。

 

ただ、エントリーポイントの出現が比較的食い気味で出ており
トレンド発生後の逆張りポイントでサインが表示されます。

 

解釈次第では、カウンターロジックのようにも取れますが
上位足で相場の大きな方向性を判断しているため、
執行時間足ではトレンド発生後の押し目・戻りの早い段階、
つまり食い気味にサインが表示
されるようになっているわけです。

 

 

公式のトレード動画や解説では、どれも絶妙なポイントで
サインが配信
されており、それだけを見る限りでは
システムの性能の高さを感じさせられますが

 

やはりロジックが公開されていないというのは
個人的にはいただけない
かなと思います。

 

 

ロジックが公開されていないということは、
ツールを信用してトレードしていくしかありませんし、
毎回のトレードの中で自分の腕を磨くことはできません。

 

それに、トレンドが発生していれば簡単に勝てるのは当たり前ですし
公式で公開されているトレード解説は
どれも“勝ちやすい場面でのトレード”ばかりです。

 

トレンドフォローの場合、レンジ相場での損切が大きな課題ですが
『プロトリFX』も例外ではなく、
苦手とする相場をどのように切り抜けられるかが重要です。

 

販売ページではそれらの解説が一切されていませんが、
もしもレンジ相場で負けが連続して続いた場合、
それでも実践者はサインを信じてトレードを続けられる
精神的なタフネスが必要
とされます。

 

 

この点に関しては『プロトリFX』だけの話ではありませんが、
苦手とする相場で資産を守り生き残る為にも
ロジックを理解してトレードする必要があり、
自身のトレードスキル向上を期待するトレーダーさんにとっては
満足度の低いツール
だと考えることができるかと思います。

 

 

ちなみに、『プロトリFX』では「ビギナーモード」、
「追撃ブーストモード」、「エキスパートモード」
といった
3段階のトレードモードを選択することができます。

 

「ビギナーモード」は単純にサインに従うだけ
一番シンプルなモードで、

 

「追撃ブーストモード」はピラミッティングを行うための
増し玉サインが配信される中級者モード、

 

「エキスパートモード」はトレンドバー、RCIを目視
決済ポイントを判断しながら、トレンドの終わりギリギリまで
利益を狙っていく
上級者モードとなっています。

 

 

講師コウスケ氏の実力は確かに本物

 

『プロトリFX』が売れている理由に、グローバル・ロイズ株式会社の
新作ということも多いにあるかと思いますが、
その一番の理由はコウスケ氏の実力にあるかと思います。

 

冒頭でも触れたように、コウスケ氏は元ヴィジュアル系バンドの
ギタリストという異色の経歴を持っており、
実際に当時のバンドに関する情報もネット上には残っています。

 

Moran(モラン):Wikipedia

 

 

「Moran(モラン)」というバンドで活動する傍ら
当時からすでに投資の世界には足を踏み入れており、
バンドの解散をキッカケに専業トレーダーとしての人生を歩み出したようです。

ちなみに、コウスケ氏は以前「Oval Prime K.T」という
トレーダーネームで活動
しており、
個人でツールの開発~販売までを行っていました。

 

その時に販売した「REDZONE」「Diva Perfect Order」「JBB2018」といった
いくつかのツールはネット上でも評判が良く、
コウスケ氏の知名度と信頼を築き上げることとなります。

 

そういった実績に目を付けたグローバル・ロイズ株式会社が、
コウスケ氏へオファーをかけ
今回の『プロトリFX』の販売に至ったというところでしょう。

 

 

また、コウスケ氏は「マネックス証券」、
「スイス銀行グループ デューカスコピージャパン」「外為ファイネスト」

といった大手証券会社とのタイアップ企画

 

ラジオNIKKEIでのトレード解説、「FX攻略.com」でのコラム執筆、
個人での投資セミナー主催など精力的に活動していることでも有名
です。

 

さらに、「日本認定テクニカルアナリスト」の資格取得、
世界的トレードコンテスト「ロビンスカップ」で3位を獲得
するなど
トレーダーとしての実力は本物と言えます。

 

 

そんなコウスケ氏の新作ツールということですから
『プロトリFX』が注目を集めるのも当然と言えるでしょうし、
グローバル・ロイズ株式会社の影響力も相まって
多数の購入者が出ているのも納得の結果かと思います。

 

 

『ゾーンスキャルFX』の評価

 

評価結果:Aランク
gchart

 

 

コウスケ氏の経歴や実力を考えれば
思わず手にしてみたくなるFXサインツールでしょう。

 

しかし、私としてはロジックが非公開という点が
非常にもったいないなと…。

 

 

クオリティの高いシステム制作に定評のある
グローバル・ロイズ株式会社、
さらに裁量トレーダーとして確かな実績を持つコウスケ氏。

 

だからこそ、ロジックまでしっかりと公開した上で
サインにだけ頼った運用ではなく、
しっかりと手法の根底を理解でき、
根拠のあるトレードができるツールであれば
購入する価値は十分にあったのかな
と思います。

 

 

もちろん、別にコウスケ氏のロジックなんて勉強しなくてもいい、
裁量スキルの向上なんて考えていない

という方であれば買ってみてもいいかもしれません。

 

しかし、本当にサインだけで勝てるのであれば
そもそもEA(自動売買)でシステムを組めばいいわけで。

 

EAとして販売されていないということは
逆に考えればサインだけでは勝てないという証拠。

 

 

そうなった場合、トレードを左右するのは実践者の実力次第です。

 

ロジックが不明な中でのトレード、
毎回のトレードで具体的な検証もできないトレード、
ひたすらサインを妄信して愚直に運用するしかないトレード。

 

私には時間とお金をただ浪費することになると考えます。

 

 

講師の実績や、販売業者の経歴を考えれば
現時点で販売されているFXサインツールの中では
そこそこ期待できそうなツールに仕上がっているとは思いますが
自身の裁量スキルを磨くことができないツールでの運用は
あまりおすすめできない
というのが私の見解ですね。

 

 

プロフェッショナル・トリガーFX
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535