9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

モンスター・トレンドゾーンFXってどうなの?

3次元ベータトレード塾

《検証商材》モンスター・トレンドゾーンFX
《販売者・販売会社》グローバル・ロイズ株式会社、松山裕典、FXプログラマーユースケ、トレーダーヒデ

モンスター・トレンドゾーンFX
公式販売ページはこちら


 

本日はグローバル・ロイズ株式会社の最新シストレツール
『モンスター・トレンドゾーンFX』を検証していこうと思います。

 

グローバル・ロイズ株式会社といえば、
これまで『ドラゴン・ストラテジーFX』
『ブラック AI・ストラテジー』といった人気ツールを販売してきた
FX商材業者ですが、遂先日新たなシストレツールをリリースし
早くもインフォトップで購入者が続出しているようです。

 

当ブログでは過去に『ドラゴン・ストラテジーFX』の
検証を行っているので、参考までに検証ページのリンクを
掲載しておきたいと思います。

 

『ドラゴン・ストラテジーFX』手法ロジックを検証

 

『ドラゴン・ストラテジーFX』は本当に勝てるのか

 

『ドラゴン・ストラテジーFX』は未だにちょくちょく
インフォトップのランキングへ食い込んでくるほどの
ロングヒットを記録していますね。

 

 

『モンスター・トレンドゾーンFX』の販売ページでは

 

・毎月勝500pips~1,200pips
・年間1万pips
・トレード開始から13ヶ月無敗更新中
・初心者でもひと目でわかる明確なトレンド
・ゾーンとエントリーサインの通りに買うだけ

 

といった謳い文句が目に入ってきますが、
もしもこれが事実であれば
是非とも購入するべきシストレツール
と言えるでしょう。

 

 

また、今回もお馴染みのタッグである
FXプログラマーユースケ氏、トレーダーヒデ氏
監修を務めているということです。

 

早くも購入者が続出しているようですので
果たして今回の新作『モンスター・トレンドゾーンFX』
どれだけの優位性を秘めているのか
以下より具体的に検証をしていきたいと思います。

 

 

『モンスター・トレンドゾーンFX』はサインに従ってエントリーするだけ!?

 

前作の『ドラゴン・ストラテジーFX』は押し目・戻りを狙う
トレンドフォローロジックだったことに対して、
『モンスター・トレンドゾーンFX』はレンジブレイクのトレンドフォロー
そしてトレンド転換のカウンタートレードとなっています。

 

執行時間足は5分足となっていますが、
インジケーターでは上位足による
マルチタイムフレームを採用しているとのこと。

 

また、通貨ペアはドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ドル円の5つ。

 

勝率は50%前後とのことですが、リスクリワード1:7となっているため
最悪勝率20%前後でもトータルでプラスになる計算です。

 

エントリーチャンスについては
1通貨ペアで平均月80回前後、1日に3~4回ほど、
5通貨ペアで1日に15~18回ほど
だそうです。

 

 

このことからわかるように、小さな負けを積み上げつつ
一回の勝ちで損失を取り返しつつ利益を出していく
ミドルリスク・ハイリターンの手法であることがわかります。

 

 

それでは次に、『モンスター・トレンドゾーンFX』の最大のキモである
ゾーンとエントリーサインツールをそれぞれ見ていきましょう。

 

 

『モンスター・トレンドゾーンFX』のゾーンツールというのは
このようにチャートに表示された赤と緑のボックスです。

 

上昇トレンドの際に「緑ゾーン」が表示、
下降トレンドの際に「赤ゾーン」が表示
されます。

 

そして、各ゾーン内と同方向の矢印サインが表示されたところで
その方向に従ってエントリーとなります。

 

また、『モンスター・トレンドゾーンFX』のエントリーでは
ゾーンが発生から3つ目までのエントリーサイン
エントリーするのが基本ルールとなっており、
利益確定はゾーンが終了したタイミングとなります。

 

上記のトレード解説解説画像からもわかるように、
非常にシンプルなトレードルールなので
使い方がわからない…という方はまずいないでしょう。

 

 

さらに、『モンスター・トレンドゾーンFX』では基本ルールに加え
ラインブレイクでより大きな利益を狙う戦略
毎回のトレードでより大きな利益を得る為の
決済ルール
が用意されているようです。

 

 

『モンスター・トレンドゾーンFX』の応用ルールでは
チャート上に確認できるサポレジラインを自動で引いてくれる
別売りの「利益ライン自動生成ツール」という
ツールが必要
となるとのことです。

 

これにより、ラインブレイクの根拠となるポイントを
一目で判断しエントリーサインが配信される前でも
優位性の高いエントリーポイント
目視で判断できるようになるというわけです。

 

また、決済に関してですがゾーン終了時に決済ということは
すでにチャートが逆行し始めているというケースも少なくないはずです。

 

そこで、このサポレジラインを目安
テイクプロフィットを入れていくことで、
ゾーン内で最も利益が出たポイントで
利益確定することができる
というわけです。

 

 

ただ、『モンスター・トレンドゾーンFX』のチャートを見る限りでは
「利益ライン自動生成ツール」はわざわざ購入しなくても、
無料のサポレジインジケーターで代用できそうな気がします。

 

重要なのはゾーンツールとサインツールの精度でしょう。

 

『モンスター・トレンドゾーンFX』を購入する価値があるかどうかは
この2つのメインツールがどれだけの正確性でトレンドを把握し、
エントリーサインを配信してくれるか

というところにかかっていると言っても過言ではありません。

 

 

『モンスター・トレンドゾーンFX』の評価

 

評価結果:Aランク
gchart

 

人気FX商材業者の新作ということもあって
早くもおすすめしている方も出ているようですが、
個人的には購入はもう少し様子を見てもいいのかなと。

 

確かに、トレードルールはシンプルですしツールも見やすく
容易にエントリー判断を行うことが可能です。

 

ですが、販売ページ上ではツールの優位性を判断する情報
どこにも公開されていないのが現状です。

 

 

毎月勝500pips~1,200pips、年間にして1万pipsの利益を
叩き出していると謳われていますが、

どうしたことか『モンスター・トレンドゾーンFX』の
販売ページでは実際に運用したフォワード実績
どこにも公開されていません。

 

一応、2016年9月1日~2017年9月30日までの
ドル円、ポンドドルの実績が掲載されていますが
どちらもテキストベースで作成された自作の実績データ表となっています。

 

モンスター・トレンドゾーンFX

 

モンスター・トレンドゾーンFX

 

とてもではありませんが、
これだけでは年間1万pipsを稼ぎ続けている
という実績は信用することは難しい
ですね…。

 

 

さらに、『モンスター・トレンドゾーンFX』の
実践トレーダーであるトレーダーヒデ氏の
フォワード実績も非公開
となっています。

 

トレーダーヒデ氏は販売ページ上で
1週間の運用で260万円以上の利益を出していると謳っていますが、
その間の取引履歴すら非公開となっています。

 

モンスター・トレンドゾーンFX

 

※一応、取引口座のキャプチャがありますが
これだけでは実際に運用して得られた利益かを
判断することはできません

 

 

どちらかというと否定的な話題が
多くなってしまったかもしれませんが、
『モンスター・トレンドゾーンFX』に優位性がない
といっているわけではない
ので
その点はご理解いただければと思います。

 

ただ、今回はツールの優位性を判断できる
信ぴょう性のある証拠を開示してもらいたかった
というのが正直なところですね。

 

 

現在、結構な数の参加者が出ているようですので
恐らく今後ネット上で多数の口コミが出回るはずです。

 

期間限定販売というわけでもないようですし、
購入を検討されている方は、
ある程度情報が出回ってから優位性が判断できた上で
購入を決断されたほうがいいのかな

というのが現時点での私の見解です。

 

どちらにしても、当ブログでも今後新しい情報が入り次第
改めて追加検証を行いたいと思っていますので、
その際は購入判断の参考にして頂ければと思います。

 

 

モンスター・トレンドゾーンFX
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535