9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-(ワインディングロードFX)ってどうなの?

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-(ワインディングロードFX)

《検証商材》滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-
《販売者・販売会社》合同会社サンライズ、滝澤伸悟

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-
公式販売ページはこちら


 

本日は現在インフォトップで販売されている
新FX商材『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』
検証を行っていきたいと思います。

 

こちらの商材は年明け早々販売がスタートしており
インフォトップの新着を眺めていた時に
何気に見てみたところ、信ぴょう性の高い実績
公開していたので取り上げてみることにしました。

 

 

『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』の仕掛け人は
個人トレーダーの滝澤伸悟氏という人物です。

 

これまで滝澤伸悟氏はFX商材を販売した経歴はないようで
私も今回初めて存在を知りました。

 

やはり、知名度の低いトレーダーのオファーよりも
証券会社出身の機関投資家などによる
高い経歴を持つトレーダーのオファーに目が言ってしまいがちですが、

 

稀に全く無名の個人トレーダーのオファーでも
非常に期待値の高い手法が公開されることもありますので
今回の『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』
その手の優良商材であるかどうか気になるところです。

 

 

現時点公開されている情報などを考えると
恐らく今後注目度の高いFX商材となることは
間違いないと思いますので、
以下より『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』の
購入価値を検証していきたいと思います。

 

 

『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』の期待値を検証

 

まず、『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』の
期待値を検証していきたいと思います。

 

販売ページへ記載されている情報では、
『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』では
平均月利15.7%、平均勝率66.9%という
好成績を収めているということです。

 

また、滝澤伸悟氏はこの手法で150万円の元手を
1800万円にまで増やすことに成功しているとのことですが、
その証拠として、2016年2月~2017年6月いっぱいまでの
約1年半に渡るトレード成績が公開
されています。

 

 

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-(ワインディングロードFX)

 

 

こちらは、実際の取引画面をそのままキャプチャしたものですので
かなり信ぴょう性の高いデータとなっており、
冒頭からこういう情報開示する姿勢は非常に好印象です。

 

 

この過去のトレード成績のみでも
手法の優位性を裏付けるデータとしては十分
ですが
さらに直近の実績データも定期的にアップデートされています。

 

直近実績データを確認することで
現在の滝澤伸悟氏の運用パフォーマンス
確認できる点は嬉しいですね。

 

 

公開されている実績を見る限りでは
なかなか期待値の高い手法だと判断することができますが、
この手法は単純な“5つのステップ”で再現することが可能とのこと。

 

『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』のロジックは
「押し目買い、戻り売り」のベーシックな
トレンドフォローデイトレ手法です。

 

推奨時間足は15分足とのことですが、
1分足、5分足、30分足、1時間足、4時間での運用も可能ということですので
デイトレに限らずスキャルピングやスイングトレードで
応用していくことも可能
というわけですね。

 

また、全通貨ペアでの運用が可能となっています。

 

 

トレードスタイルは専用のサインツールと滝澤伸悟氏の
裁量判断を加えた半裁量手法。

 

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-(ワインディングロードFX)

 

 

こちらがそのサインツールということで、
赤の上矢印が「買いエントリー」
青の下矢印が「売りエントリー」の合図となります。

 

その上で、トレードの“5つのステップ”というのがこちら。

 

1・インジケーターのサインを受け取る
2・現在の値動き状況をチェック
3・ルールに当てはまっていればエントリー
4・エントリーと同時に利確・損切り設定
5・決済を待つ

 

 

このことからインジケーターのサインは
あくまでエントリー告知の補助ということがわかります。

 

サインが配信されてから、裁量判断でエントリーを行うか
見送るかを判断し、利確・損切に関しても
裁量判断で行う
ということですね。

 

 

ちなみに、エントリー直後に入れる損切りラインは
資産の3%と限定されており、
予想通りトレンドが伸びていった場合は
トレーリングストップをかけながら
利益を伸ばしつつ損切り幅を狭くしていきます。

 

また、1回のトレードの利益は20~100pips前後ということなので
利確に関してはトレンドの終わりまで狙うことがわかりますね。

 

損切りに関しては明確なルールが決まっているようですが、
利確ではそこそこ裁量要素が求められそうですので
この辺のルール決めがどこまで明確になっているか
というところで実践者によって結果は違ってくるでしょう。

 

 

手法自体はベーシックなトレンドフォローですが、
サインツールの精度、エントリールールと利確ルールの明確さによっては
高い再現性が期待できるのではないかと思います。

 

 

『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』の評価

 

評価結果:Sランク
gchart

 

手法の再現性に関しては現時点では
なんとも言えない部分ですが、
公開されている情報量を感がれば
信用できるFX商材
と考えて問題なさそうです。

 

サインツールがあるとはいえ、やはり裁量手法なので
具体的な裁量ルールを見てみないことには
手法の優位性や再現性を最終評価することはできません。

 

あと個人的に、販売ページに掲載されているチャートから
確認できるインジケーターが移動平均線一本のみというのが気になります。

 

恐らく他にもテクニカルを使用しているのではないかと思いますが
この辺次第でも購入価値は大きく変わってきます。

 

 

とはいえ、フォワード実績をしっかりと開示する
滝澤伸悟氏の姿勢は高く評価できますし、
ここ最近販売されたFX商材の中では
特に信用度の高い販売者であると言えるでしょう。

 

ちなみに、販売ページには滝澤伸悟氏のパスポートが掲載されていますが
最近は販売者の素性を明らかにするために
ここまでしなければならないのだなぁと考えさせられました。苦笑

 

確かに素性が明らかでないトレーダーの商材よりも
素性が明らかなトレーダーの商材のほうが安心できますし
信用性も高いですか、滝澤伸悟氏の販売者としての姿勢は
他の商材販売者も見習うべき
ではないかと思います。

 

 

加えて、個人的に高く評価できるポイントは
電話&スカイプでの個別サポートが用意されているという点です。

 

最近は電話サポートを設けている販売者も増えていますが
人によってはスカイプの無料通話の方が都合がいい
という人も居るでしょうから、こういった配慮も良いですね。

 

私の経験上、マンツーマンのサポートを設けているFX商材は
“間違いないオファー”です。

 

 

マンツーマンサポートがあれば、わからない部分や
不透明な部分をその場で口頭で具体的に確認することができるため
成長のスピードも圧倒的に早くなります。

 

さらに、ここまで素性や問い合わせ先を明らかにしている販売者の場合
もしも詐欺オファーだったとしたらすぐに足がついてしまうため、
いい加減な内容であることはまずない
という点も挙げられます。

 

まぁ、滝澤伸悟氏の場合、パスポートを開示している時点で
詐欺師ということはまずありえないでしょうが。苦笑

 

 

手法の優位性や再現性に関しては
実際にマニュアルを購入してみて
具体的に検証してみなければ最終的な判断を行うことは難しいですが、

 

公開されているトレード実績の信ぴょう性
販売者の情報開示の姿勢、安心して利用できるサポート環境などを考えると
購入してみる価値はあるだろうというのが私の見解ですね。

 

どちらにしても、『WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)』については
今後注目が集まることは間違いないはずですので、
新しい情報が入り次第、改めて情報のシェアを行っていきたいと思います。

 

 

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535