9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

ドルスキャワールドFXってどうなの?

ドルスキャワールドFX

《検証商材》ドルスキャワールドFX
《販売者・販売会社》株式会社金馬新聞、岩本和也、カズヤング

ドルスキャワールドFX
公式販売ページはこちら


 

本日は株式会社金馬新聞の最新FX商材
『ドルスキャワールドFX』を検証していこうと思います。

 

講師は専業トレーダーのカズヤングこと岩本和也氏

 

 

岩本和也氏はもともとギャンブル系の
商材を販売していた方で
FX商材を販売するのは今回が初めてということです。

 

販売会社の名前が株式会社金馬新聞というのも
その名残のようですね。

 

 

ギャンブラーだった人間が
投資の世界へ参入するという話は
珍しいことではないため
この辺はそこまで気にすることではないと思いますが、

 

元ギャンブラーという経歴をもつトレーダーの多くは
ギャンブル的なロジックや戦略を
たてることが多い
ため、
その辺に関しては慎重に検証したいところです。

 

 

『ドルスキャワールドFX』は
スキャルピング専用のサインツールで
チャートは非常にシンプルです。

 

 

 

また、販売ページでは直近の実績ということで
過去1年間、2016年5月~2017年5月までの
取引成果が公開されています。

 

・1227勝381敗39分
・収支+5,388,850円(10万通貨運用)
・勝率75.3%

 

 

この実績を鵜呑みにするのであれば
かなり期待値の高いサインツールと言えますが
残念ながら販売ページでは
フォワード実績が公開されているわけではなく
文字ベースでの実績公開となっています。

 

つまり、販売ページだけでは
岩本和也氏が直近の1年間で
これだけの成果を出せたという確証を
掴むことはできない
ということです。

 

 

『ドルスキャワールドFX』のツール検証

 

スキャルピング専用の『ドルスキャワールドFX』ですが
基本的に運用する通貨ペアはドル円限定となっており
推奨時間足は1分足

 

ポジションの平均保有時間は10分~1時間
1日のトレードチャンスは5~15回ほど。

 

 

トレードルールは極めてシンプルで
直近の大きな矢印と同じ方向の
小さな矢印が出たらエントリー、
反対の小さな矢印が出たら決済します。

 

一度のトレードで狙える利益は10pips前後です。

 

※黄色の上矢印が買いで、赤色の下矢印が売り

 

 

『ドルスキャワールドFX』は裁量の余地がない
無裁量のサインツールですので、
再現性という面では特に問題はないでしょう。

 

なにせ、表示されたサインに従って
淡々とトレードをこなしていけばいいわけですから
FX初心者でも迷うことなく実践できます。

 

 

ロジックはトレンドの転換転換ポイントを狙った
王道的なカウンタートレード

 

1分足のスキャルピングはFX初心者には
難しいといわれていますし、
逆張りとなるとその難易度は更に高くなります。

 

実際に試てしてみるとわかると思いますが
1分足などの短い時間足で
押し目・戻りを正確にとらえるのは至難の業
です。

 

『ドルスキャワールドFX』は無裁量のシストレですから
この辺はサインの精度が全ての鍵となります。

 

 

近年はマルチタイムフレーム分析を用いた
環境認識に重点を置いた手法が多くなっていますが、
そういった手法と比較すると
『ドルスキャワールドFX』は一昔前の
懐かしいサインツール
というところでしょうかね。

 

 

『ドルスキャワールドFX』の評価

 

評価結果:Aランク
gchart

 

スッキリとしたチャート画面で
矢印に従ってエントリー~決済を行っていくだけなので
扱いやすいサインツールであることは間違いありません。

 

ただ、やはり気になるのは
ツールの優位性を判断できない
というところです。

 

 

特にこの手のスキャルピング手法の場合
一度の負けこれまでの利益が
帳消しになってしまうことも少なくありません。

 

いわゆるコツコツドカンです。

 

『ドルスキャワールドFX』も
例に漏れずコツコツドカンのリスクを背負っています。

 

 

『ドルスキャワールドFX』に限ったことではありませんが
手法の優位性を判断するためには
リアルな実績の開示は必須
です。

 

逆に本当に勝てているのであれば
フォワード実績を公開しない理由はありません。

 

とは言っても、まともなフォワード実績を
開示している商材はほぼないのですが…。

 

 

ちなみに、『ドルスキャワールドFX』の
販売ページでは文字ベースでの
実績公開となっていますが、

 

岩本和也氏の公式ブログ上で
毎日の運用成績を公開しているということなので
そちらにも目を通してみました。

 

【トレード内容】
※こちらは私の収支ではなくツールの収支です。
※時間はエントリーした日本時間
※MT4はFXTFを利用
(他のMT4でも動作は致しますが、ネット環境や各ツールの状況により、矢印のタイミングがずれる場合もあります。)

 

○7.5pp 11:00
○4.0pp 12:00
○5pp 13:00
×-7pp 17:00
○1pp 19:00
△0pp 0:00

 

収支+10500円

 

 

【総合成績】
■エントリーできる時間総合成績(エントリー数重視派)
(8:00-9:00・10:00-15:00・17:00-23:00・0:00-4:00)
1442勝 444敗 エントリー数1886(引き分けはスプレッドコストのみ加算に変更)
勝率 76.5%
勝ちpp 12360.2pp
負けpp 6086.1pp
スプレッドコスト 578.1pp
(0.3ppで計算)

 

+5696.0pp

 

収支+5,696,000円

 

 

■推奨時間のみの場合の総合成績(安定感重視派)
※勝率が安定して75%を超えている時間帯のみ
(10:00-13:00・17:00-23:00・2:00-4:00)
1006勝 275敗 エントリー数1281(引き分けはスプレッドコストのみ加算に変更)
勝率 78.5%
勝ちpp 8690.0pp
負けpp 3762.5pp
スプレッドコスト 392.1pp
(0.3ppで計算)

 

+4535.4pp

 

収支+4,535,400円

 

引用:ドルスキャワールドFX 収支公開ブログ

 

上記で引用させてもらったのは
2017年7月19日の取引結果内容です。

 

実際に岩本和也氏の公式ブログへ
目を通してもらうとわかるかと思いますが
公式ブログ上で公開されている日々の運用成績も
文字ベースのお手製の成績報告
となっています。

 

 

この取引結果が嘘だとは言いませんが、
これを“成績”と呼ぶにはかなり無理があります

 

 

戦略は王道的ですし、チャートも見やすく
トレードルールもシンプルですから
ツールとしては悪くありませんが、

 

もしもこのツールを使うとすれば
サインツールとしてではなく、
裁量判断の補助ツールとして
使用したほうが有効に使えるのではないか

というのが私の現時点での見解ですね。

 

 

ドルスキャワールドFX
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535