9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

IQ190 Trade理論 超速スキャルFXってどうなの?

IQ190 Trade理論 超速スキャルFX

《検証商材》IQ190 Trade理論 超速スキャルFX
《販売者・販売会社》梶真英

IQ190 Trade理論 超速スキャルFX
公式販売ページはこちら


 

本日は梶真英氏という専業トレーダーによる
『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』を検証していこうと思います。

 

当ブログでは検証記事で取り上げていませんが
梶真英氏は以前にもライスキャFXという
FX商材を販売していた経歴
があります。

 

梶真英氏の過去商材であるライスキャFXも
比較的需要のあった手法だったようで、
今回の新作が発表されてから
早くも購入したという方も多いでしょう。

 

 

ちなみに梶真英氏は元メンサ会員
IQ190という頭脳を持っている
とのこと。

 

そんな、梶真英氏の経歴は以下の通りです。

 

 

IQ190を維持する異才トレーダー。
IQQとは、知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient)
70から130の間に約95%の人が収まると言われています。
一般には、IQ180で天才と言われますが、
kaji氏はそれをはるかに超えるIQ190を維持。

 

2003年
高いIQを持つことだけがメンバーとなれるMENSAに入会するも、
その活動内容が非常に閉鎖的と考え脱退。

 

2011年
IQ190という頭脳が構築したIQ190 Trade 理論で、
年間利益10,000pipsを計上。
おもに海外のトレーダーから人気があり、
目標金額を達成しファンドの専属トレーダー契約や、
一流のトップトレーダーなった投資家も多い。

 

2016年
日々のトレード時間4時間で、年間利益15,144pipsを計上。
高度な研究をしながらも、海外トレーダーとの交流を深め、
IQ190 Trade 理論を具体的なロジックに落とし込み、
海外の一流トレーダーにも教えるプロトレーダー。

 

 

MENSAとは:
1946年にイギリスで創設された全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、
誰でも入れる国際グループです。会員数は全世界100カ国で約12万人。
南極をのぞく世界全大陸の約40カ国に支部を置いています。
日本には、2015年現在約1.800名程の会員がいます。
同会員の中には、
宇治原 史規(ロザン、京都大学卒業)
茂木健 一郎(脳科学者、理学博士(東京大学)
中野 信子(脳科学者、医学博士(東京大学)
藤本 淳史(東京大学卒業、田畑藤本)
岩永 徹也(モデル、薬剤師、タレント)
川村 優希(医師、タレント、東京大学大学院卒業) などがいます。

 

引用:IQ190 Trade理論 超速スキャルFX 販売ページ

 

 

このように梶真英氏の経歴の一番の売り
IQ190というずば抜けて高い知能指数を持っていること
といったところでしょうか。

 

そんな、高IQを駆使して作り上げた手法が
今回の『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』だそうですが、
言うまでもなく、

 

“IQが高いトレーダー = 勝てるトレーダー”

 

ではありません。

 

 

もちろん、IQが高いことにこしたことはありませんが
現在いるプロトレーダーの多くが
一般的なIQの持ち主です。

 

つまり、投資で勝てることとIQの高さには
さほど相関性はない
ということですね。

 

 

『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』の手法ロジック検証

 

『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』の
販売ページでは今回の手法について

 

“IQ190という頭脳が生み出した海外製FX教材の日本語版”

 

と謳っています。

 

この海外製FX教材というのが
何を指しているのかわかりませんが…。苦笑

 

 

その上で、『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』では
1分足、5分足のスキャルピングロジックに加えて
ブレイクアウトロジックで大きな利益を狙っていく
という戦略を取っています。

 

推奨されている通貨ペアはドル円、ユーロドル、
ユーロ円、ポンドドルの4通貨ペア
です。

 

1分足のスキャルピングは王道的なトレンドフォローに加えて
カウンターでの初動エントリーとなっており、
1分足で追い切れなかった場面で
5分足でのスキャルピングで仕掛けていきます。

 

カウンターというのはトレンドの転換ポイントを
狙ってのエントリーのことですが、
梶真英氏の手法はトレンド転換時の初動でカウンターで入り、
トレンドフォローで追従するというのが基本のロジック
です。

 

 

これらのスキャルピングロジックを軸に
逆指値でトレンド中の山でエントリーする
ブレイクアウトロジックでもトレードしていきます。

 

上昇トレンドにしても、下降トレンドにしても
1直線に伸びていくわけではなく、
小さな山(高値)小さな谷(安値)を作りながら
トレンドが伸びていきます。

 

ブレイクアウトをわかりやすく言えば、
前の山(高値)を超えて、さらに新しい山が出来そうだ
という時に追加でエントリーしていくことで
1度に大きな利益が期待できるという戦略です。

 

 

つまり、『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』では
1分足と5分足のスキャルピング
コツコツと利益を獲得していきながら
トレンドが伸びる場合にブレイクアウト
大きく利益を狙っていくというトレード手法
というわけです。

 

販売ページでは国内ではほとんど知られていない
トレード手法
というように謳われていますが、
それはちょっと言い過ぎなのではないかなと思います。

 

 

スキャルピングとブレイクアウト組み合わせは
既に日本国内でもメジャーになりつつある戦略ですし
よほどの未経験者かFX初心者の方でない限り
この戦略を知らないというトレーダーはいないでしょう。

 

 

また、『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』の
販売ページでは、

 

2014年:10,591pips獲得
2015年:13,167pips獲得
2016年:15,144pips獲得

 

などと謳われていますが、
肝心のフォワード実績は一切開示されていません。

 

IQ190 Trade理論 超速スキャルFX

 

さらにトレードする時間を増やせば
年間60,000pipsは軽く超えられる
かなり強気な発言もしていますが、
これに関しても全く根拠がないため
説得力に欠けると言わざるをえません。

 

 

『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』の評価

 

評価結果:Aランク
gchart

 

手法としてはいい加減なものではありませんし、
梶真英氏と同等にチャート分析を
行なうことができるのであれば、
そこそこ期待することはできそうです。

 

実際、梶真英氏は一部のトレーダーの間で
比較的評判が良く、高く評価する声もありますが
これまでフォワード実績を開示してきていない
ということを考えると
過度な期待は禁物なのかなと思います。

 

 

個人的には『IQ190 Trade理論 超速スキャルFX』の
販売ページで講師本人の知能指数の高さを
無駄に強調するよりも、
だまってフォワード実績を開示してくれたほうが
よっぽど信ぴょう性が増す
と思うんですが。

 

2014年から年間1万pips以上
獲得しているというのであれば
是非ともその証拠を提示してほしいところです。

 

 

ただ、全く信用の出来ない手法であると
評価しているわけではありません
ので
その辺は誤解のないようにして頂ければと思います。

 

販売元ASPのインフォトップでも
そこそこ売れているようですし、
リアルに勝てる手法であれば今後
口コミや評判が多くなってくるはず
です。

 

現在購入を検討している方は
もう少し情報が多く出回ってからでも
遅くはないと思います。

 

 

IQ190 Trade理論 超速スキャルFX
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535