9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

クインシデンスFXってどうなの?

クインシデンスFX

《検証商材》クインシデンスFX
《販売者・販売会社》元木浩稀、本木健真

クインシデンスFX
公式販売ページはこちら

 


 

本日は元木浩稀氏の手掛ける
『クインシデンスFX』について検証を行ってみたいと思います。

 

 

『クインシデンスFX』の講師である元木浩稀氏は
FXトレーダー兼FX講師として活躍されているようですが、
今回のオファーで彼の名前を始めて知りました。

 

元木浩稀氏がどれだけ優秀なトレーダーなのか
個人的にも興味があったので調べてみましたが、
ネット上には参考になる情報がほとんどなく
彼が本物のプロトレーダーかどうかは判断しかねます。

 

 

『クインシデンスFX』が販売されたのは数日前ですが
インフォトップの売れ筋ランキングにも入っており
気になっている方も少なくないと思うので
早速検証を行っていくことにします。

 

 

『クインシデンスFX』はトレンドフォローのスイングトレードがメイン

 

『クインシデンスFX』では
元木浩稀氏が編み出した手法を用いて
勝率8割、月利62.7%を狙うことが可能だと謳われています。

 

メインロジックはトレンドフォローをベースとし
1時間足を用いたスイングトレードとなっており、
合計4種類のインジケーターを用いて相場分析を行います。

 

販売ページには、使用するインジケーターについて

 

“20日EMA(移動平均線)”
“平均足”

 

との記載がありますが、
それ以外については全く触れられておらず
どのように相場を分析するかは不明です。

 

 

トレーダーの多くがローソク足を使用しますが、
平均足を用いることでトレンドの方向を判断しやすくなるため
トレンドフォローロジックには比較的向いていると言えます。

 

ですがその反面、本来の終値の値が
ローソク足と若干異なる
というデメリットがあります。

 

仮に平均足の終値が有利な位置にあったとしても
ローソク足で本来の終値を確認すると
レートが進んでいるといったケースが多々あるので、
いくらトレンドフォロー向けのツールとはいえ
平均足だけで相場状況を判断するのはどうかと思います。

 

 

ちなみに、『クインシデンスFX』では
エリオット波動の第3波を狙うということですが、
これはダウ理論をより詳しく解説した理論として有名なので
当ブログの読者様の大半がご存じだと思います。

 

クインシデンスFX

 

加えて、通貨ペアはドル円を始めとして
「ユーロ円・ユーロドル・ポンド円・ポンドドル・オージー円・オージードル」
の合計7種類となっており、全通貨ペアでのトレード回数は
1ヶ月あたり35回程度だそうです。

 

7種類の通貨ペアで35回のエントリーチャンスなので、
1通貨ペアにつき最低5回はエントリー可能ということになります。

 

スイングトレードはポジションを長期間保有するため
チャートを頻繁にチェックしなくて済みますし、
ある程度時間に余裕を持ってトレードできるので
『クインシデンスFX』は比較的初心者向けな印象を受けます。

 

 

手法だけを見れば堅実そうな気もしますが、
元木浩稀氏の手法で確実に勝てるか否かを知るには
実績を見ないと何とも判断のしようがないので
ひとまず販売ページの実績を検証してみましょう。

 

 

実績の信ぴょう性はほとんどゼロに等しい

 

販売ページをご覧頂くと分かるように、
各通貨ペアで利益を獲得したチャート画像と
2016年1月から6月までの半年間で獲得したpipsが
こちらも通貨ペアごとに掲載されています。

 

クインシデンスFX

 

クインシデンスFX

 

これらの実績に一切嘘・偽りがなければ
元木浩稀氏はそれなりに優秀なトレーダーと言えますが、
実際にトレードを行ったことを証明するトレード履歴は
販売ページのどこにも掲載されていません。

 

しかも、これらは全てお手製の実績なので
元木浩稀氏の手法が今後の相場で確実に通用するか否か
正確に判断することはほぼ不可能です。

 

元木浩稀氏が今でも勝ち続けているなら
もう少しまともな実績を開示できるはずなのですが…。

 

クインシデンスFX

 

そう考えれば、掲載されている実績だけでは
信ぴょう性はほとんど感じられないのは明らかなので、
販売ページで謳っている数字は信じない方が良いでしょうね。

 

 

しかも、販売ページに掲載されているのは
元木浩稀氏ではなく実践者の実績らしく
彼が本当にこの手法で勝ち続けているのか、
本当にプロトレーダーなのかすらも分かりません。

 

勝率8割、月利62.7%を謳っておきながら
自身の実績はどこにも開示していないというのは
はっきり言ってどうなのかと思いますがね…。

 

自分の実績を全く公開せず
何を根拠にあれだけの数字を謳っているのか
私には到底理解できません…。苦笑

 

 

また、販売ページの文言や動画では
プロトレーダーとは思えない発言が多く目立ちます。

 

クインシデンスFX

 

例えば

 

『1000万円持ってる人がFXで負けるのはおかしい』
『スイングトレードなら勝率8割を目指せる』

 

です。

 

 

当ブログの読者様なら熟知していると思いますが、
投資で勝ち続けるためには資金力云々ではなく
どれだけ負けを少なくできるかの方が遥かに重要です。

 

仮に、投資資金に1億円使える方がいるとしても
資金管理やメンタル管理を怠れば負けが連続してしまい、
最終的には資金を全て溶かすのは目に見えています。

 

ですが、元木浩稀氏の発言では

 

資金に余裕があれば100%負けることはない

 

と言ってるのと同じです。

 

いくら資金に余裕があっても
FXで勝ち続けるられるわけではないんですが…。

 

まぁ、本物のプロトレーダーが
『クインシデンスFX』の販売ページに目を通した瞬間に
偽物トレーダーか、もしくは素人トレーダーだと確信するレベルですね。笑

 

 

また、スイングトレードで勝率8割を目指せるとのことですが
スキャルピングやデイトレードであっても
勝率を上げようと思えばいくらでも方法はありますし、
スイングトレードでないと高い勝率を維持できないというのは
どう考えてもおかしいですよね。

 

第一、スイングトレードはポジション保有期間が長く
スキャルピングやデイトレードと比べても
必然的にトレード回数は少なくなります。

 

もし、元木浩稀氏がたった数回のトレードで
勝率8割を豪語しているとしたら的外れもいいとこです。

 

10回のうち8回勝っても100回のうち80回勝っても
勝率そのものは8割で全く同じになりますし、
トレード回数が多い中での勝率8割の方が
より一層信ぴょう性が高まります。

 

しかも、トレードで資金を増やし続けるためには
勝率よりも利益率に重点を置くべきなので、
勝率の高さを強調している時点で
情弱なトレーダーをカモにしようとする意図が見え見えです。

 

 

先ほど、実績の信ぴょう性がないと言いましたが
販売ページでトレードに対する考えをダラダラ語るよりも
明確な実績を開示する方が有意義ではないかと思います。

 

 

『クインシデンスFX』の評価

 

評価結果:Cランク
gchart

 

トレンドフォローのスイングトレードで
エリオット波動の第3波を狙うとういうことで
手法そのものは比較的まともな印象を受けますが、

 

実践者の実績を掲載して「再現性100%」を強調している点や
どう考えてもプロトレーダーとは思えない発言が多々あるので
かなり不親切なオファーだと感じたのが素直な感想です。

 

 

事実、2ch(2ちゃんねる)などの掲示板にある口コミの中には

 

『元木浩稀って本当にトレーダーなのか?』
『元木浩稀は胡散臭い』

 

といった声があがり始めていますし、
ある程度FXに精通している方なら
適当な発言を繰り返すような販売者のオファーに
参加しようとは絶対に考えませんよね。

 

 

私はこれまで数多くのFX商材を検証してきましたが、
ここまで的外れな商材を見たのは久しぶりですので
詐欺商材の可能性が高いのではないかと思っています。

 

まぁ、さすがに詐欺商材とは断言できないにしても
期待値の低い商材であることは間違いないので

 

『クインシデンスFX』を実践すれば勝てるようになるのでは

 

と期待している方は、今すぐその考えを捨て去るべきです。

 

 

恐らく、元木浩稀氏はFX商材初参戦なのだと思いますが
お世辞でもクオリティの高い商材だとは言えないので
今後の彼の動向には注意しておいたほうがいいかもしれません。

 

 

クインシデンスFX
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535