9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

須藤一寿のザ・シークレットFX(The Secret FX)を購入するべきなのか?

ザ・シークレットFX(The Secret FX)

 

《検証商材》ザ・シークレットFX(The Secret FX)
《販売者・販売会社》FX‐Jin、FX仙人、須藤一寿、クロスリテイリング株式会社

ザ・シークレットFX(The Secret FX)
公式販売ページはこちら


 

先日、FX-Jin率いるクロスリテイリング株式会社より販売された
『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』を取り上げて、
手法やサインツールの役割や実績の信ぴょう性について
徹底検証してきました。

 

検証を行った結果、
ローソク足に着目して4つのパターンを構築し
初心者でもパターンを見極めやすくするために
サインツールを使用するという考えは合理的
だが、

 

それを裏付ける明確なフォワード実績が公開されていないため
優位性の高い手法か否かを判断できない
とお伝えしましたね。

 

まぁクロスリテイリングの過去商材はいずれも
理に適った手法を提唱しているにも関わらず
明確な実績が開示されていないケースが目立つ
ので、
勝てるかどうかを正確に判断できるように
購入者目線に立ってまともな情報を開示すべきですよね。

 

 

『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の手法や
実績については前回検証しましたが、
本商材のカリキュラムやサポート内容には触れていなかったので
今回は会員サイトのカリキュラムコンテンツ
そしてサポート内容についてお伝えしていこうと思います。

 

 

須藤流ローソク足トレードマスター講義について

 

それではまず、『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の
会員サイトのカリキュラムやコンテンツから検証を進めていきます。

 

販売ページの前半部分は手法やサインツールの説明となっていますが、
後半部分ではカリキュラムやコンテンツが大々的に公開されています。

 

こういったページ構成も、今までの過去商材と
全く変わり映えはありませんね。苦笑

 

 

そんなことはさておき、さっそく以下より
『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の
カリキュラムをまとめておきます。

 

 

“第一章:須藤流トレード基礎講座”
“第二章:須藤流・実践トレード基礎講座”
“第三章:須藤式・資金管理講座”
“第四章:須藤流ロジック徹底講座”
“第五章:1分足・5分足のロジック応用講座”
“第六章:須藤流・裁量判断とマインド講座”

 

 

第一章では、FXの本当の魅力やローソク足の基本講座に始まり
上昇(下降)トレンドからレンジに至るまで
FX仙人(須藤一寿氏)のトレードに必要な知識を
徹底解説すると共に、彼おすすめの証券会社が紹介されています。

 

第二章では、MT4を使った実践基礎講座に始まり
レジサポラインの引き方の基礎
実際に使用する注文方法に関する講義となっています。

 

これらのコンテンツはほぼ初心者向けなので、
新たにFXを実践する方だけが目を通せば良いと思いますね。

 

ザ・シークレットFX(The Secret FX)

 

第三章では、資金管理の重要性ということで
相場で生き残っていくための資金管理術や
損失の許容額の具体的な数字、複数のポジションを持つことが
有効なのか否か
が解説されています。

 

相場の世界で長期間運用を行うためには
資金管理が最も重要なので、もし今後購入される方の中に
ある程度FXの経験がある方がいるとしても
復習の意味で参考にするべきだと思います。

 

 

第四章では、『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の
ロジックに関する具体的な解説に始まり、ローソク足を使った
4つのパターン解説や買い(売り)エントリーの解説

そして決済方法に関する解説が行われています。

 

その中でも特に

 

“損切り設定はエントリー時に行い、自動化しておく”
“相場を離れる場合は、エントリー時に決済注文する”

 

との文言が記載されていることから、個人的には
エントリー時に逆指値注文を入れるのではないかと踏んでいます。

 

逆指値注文とはエントリー時にストップロスを設定し
損失を極力抑える際に有効な注文方法なので
上記の文言に当てはまるのではないかと思います。

 

ザ・シークレットFX(The Secret FX)

 

続く第五章では、1分足・5分足の応用編ということで
4つのパターンをスキャルピングに応用する際の注意点や
短期足の細かな形をパターン別に解説したり
ダブルトップ、ダブルボトム、ヘッドアンドショルダーの解説、

 

そしてニューヨーク時間以外でのトレードで
注意すべきこと
が解説されており、最後の第六章では
経済指標を見る際に注意すべきポイント
資金を失わないために重要なこと、
これまでの講義の総まとめという流れになっています。

 

 

では次に、講義動画以外のコンテンツを一通り掲載しておきます。

 

“須藤式三大ツール”
“リアルトレード動画(計10本)”
“『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』速習プログラム”
“須藤一寿氏本人のフォローアップ動画”
“90日間回数無制限のメールサポート”
“回数無制限のコメントサポート”
“会員専用セミナーメール”

 

ザ・シークレットFX(The Secret FX)

 

ザ・シークレットFX(The Secret FX)

 

このように講義動画以外にも
様々なコンテンツが用意されていますが、
メールサポートは90日間と比較的短く
電話サポートが用意されていない点を考えると
サポート体制が充実しているとは言えませんね。

 

実践者の中にはメールサポートだけでなく
電話サポートでアドバイスを受けたい方もいるはずなので
そう考えるとサポート体制には若干不安が残ります。

 

 

さらに合計13店の特典も付属されるとのことで
21万円相当の代物だと謳われていますが
正直な話、これらの特典は全て通常のマニュアルに
組み込める内容
だと言っても過言ではありません。

 

それぞれの特典に「○○円相当だ」と謳い
いかにも価値が高いかのように魅せるのというのは
個人的に如何なものかと思ってしまいます…。苦笑

 

ザ・シークレットFX(The Secret FX)

 

まぁ、先ほども述べた通りクロスリテイリング株式会社から販売される
FX商材は全て同じページ構成になっているため
複数の過去商材の販売ページをご覧になった方なら

 

ページ構成が他の商材と全く同じだ

 

と思うでしょうし、某有名口コミサイトでも
同じような指摘が数件挙がっているのです。

 

口コミサイトに投稿された内容を鵜呑みにするのもどうかと思いますが、
少なくとも先ほど説明したコンテンツ内容と
過去商材の販売ページを比較すれば
ほとんど同じ順番で構成されているのに気づくと思います。

 

購入者がどれだけ有効な特典かを判断するために
それ相応の値段を提示しているのかも知れませんが、
いずれも通常のマニュアルに加えられる内容ばかりなので
特典の価値を強調する必要はほとんどないのではと思いますがね。

 

 

『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の手法をおさらい

 

前回の検証で『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の
手法に関して一通り解説してきましたが、
前回の検証ページをご覧になっていない方のために
本商材の手法を再度まとめてみたいと思います。

 

『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』は
ローソク足を用いてエントリーポイントや利確、損切りポイントを
4つのトレードパターンに分類し、それら4つのパターンを
見た目で判断できるようにオリジナルのサインツールを使用する
「半裁量のシステムトレード手法」となっています。

 

 

当ブログにも『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』に関する
口コミを数件ほど頂戴していますが、

 

 

“クロスさんの商材は結局裁量+ツールばかりで
 肝心のロジックの解説がないので
 いい加減その辺も公開して欲しいです。”

 

 

といった具合で、クロスリテイリング株式会社が
毎回のようにロジック非公開の手法しか公開しないことに
半ば呆れかえっている
方もいらっしゃるようです。

 

 

また、『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』では
時間足や通貨ペアは限定されていないものの、
推奨時間足は15分足、推奨通貨ペアは
「ドル円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル」の4種類で
その中でもFX仙人(須藤一寿氏)は「15分足のドル円」
メインにしてトレードを行っているとのことです。

 

 

まぁローソク足でエントリー・利確・損切りポイントを
4つのパターンに分類するという考え方は
裁量判断スキルを高めるために有効な手段かも知れません。

 

しかしながら、FX仙人(須藤一寿氏)は販売ページで

 

インジケーターは相場の後追いでしかない

 

と明言しインジケーターを否定していたにも関わらず、その直後に

 

誰でもパターンを判断できるサインツールを開発しました

 

と、結局はサインツールに頼ったシステムトレード手法を公開しているのです。

 

 

販売ページの冒頭で「インジケーターは使用しない」
自信満々に謳っているだけに、サインツールの存在が明かされた時は
FX仙人(須藤一寿氏)がなぜ完全裁量手法を貫き通さないのか
個人的に疑問に感じざるを得ません。

 

確かに完全裁量手法の場合、
完璧に習得するまでに膨大な時間と資金がかかるため
初心者にはハードルが高く敬遠されるかも知れません。

 

 

しかし、本商材が公開される以前のローンチ動画でも
インジケーターに頼ったトレードを否定する発言をしていたので
そこまで言うのであればサインツールに頼ったシストレ手法でなく
完全裁量手法として公開するべき
だと思います。

 

マスターするのにそれなりに時間と資金がかかるとしても
裁量の場合は一度マスターしてしまえば自己裁量で
長期間のトレードが可能になる
わけですし、
逆に裁量スキルを磨きたいと考えているトレーダーに
広く受け入れられるのではないかと感じました。

 

 

これは個人的な見解ですが、
もしも『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』が
半裁量のシステムトレード手法ではなく
ロジック完全公開した裁量手法であったなら、

 

口コミサイト等にも批判的なコメントは挙がらないはずですし
今までと違う完全裁量手法が公開されたということで
世間の評判も少しは回復していたかも知れません。

 

 

仮に『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』が
完全裁量手法として公開されていたとしても、
掲載されている実績は数字のみで構成された
お手製感丸出しの実績であることに変わりはなく
どちらにしても信ぴょう性はほとんどありませんね。

 

ですので、『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』を
購入しよう迷っているという方がいるとしても
早いうちから慌てて購入を決断するのではなく、
もう少し様子を伺ってからの方が良い
でしょう。

 

 

『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』の評価

 

評価結果:Aランク
gchart

 

本日は会員サイトのカリキュラムやコンテンツ、
サポート内容について検証してきましたが
カリキュラムの内容はそこそこ作り込まれた印象があるとはいえ
やはりサポート体制が充実しているとは言い難いですね。

 

本当に徹底サポートを行ってくれるなら
メールサポートを90日間という短期間に制限せず
最低でも半年から1年間は設けるべきですし、
メールサポートだけでは疑問を解決できないユーザーのために
電話サポートも設けておくべきだと思います。

 

 

また、FX仙人(須藤一寿氏)がインジケーターを否定した後に
サインツールの存在を明かしている
ことに対しても
未だに疑問を払拭できずにいます。

 

まぁ初心者でもFX仙人(須藤一寿氏)のロジックを
実践しやすいよう、サインツールを開発したのかも知れませんが
それなら冒頭で「インジケーター不要」と主張して
購入者を誤解させるような言い回しは避けるべきですよね。

 

これらの理由から、『ザ・シークレットFX(The Secret FX)』も
結局はFX‐Jin率いるクロスリテイリング株式会社の過去商材と
全く同じ売り方であることは間違いないですし、
世間の評判が今後しばらく回復するとは思えませんね。

 

 

FX商材業界最大手のクロスリテイリング株式会社が
販売している商材なだけに、現在もそこそこ購入者が出ていますが
何も今から焦って購入する必要は全くないので
一旦立ち止まって勝てるかどうか、慎重に判断した方が良さそうです。

 

ザ・シークレットFX(The Secret FX)
公式販売ページはこちら

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、
ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと
ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を
ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535