9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

「Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)」ポール・ジモンのトレード実績の信憑性

flashzonefx

《検証商材》Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)
《販売者・販売会社》Paul Zimon(ポール・ジモン)、佐塚浩政、株式会社 ISK capital
Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)
公式販売ページはこちら


 

15年間負けなしで月平均+12.7%の
利益を叩き出しているトレード手法を伝授するという、
ポール・ジモン氏監修の『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』。

 

講師のポール・ジモン氏は3億円を運用するという
現役専業トレーダーであり、
運用資産額としてはトップクラスに入ります。

 

また、彼はかつてアメリカのプロップファーム
『SMBキャピタル』で研鑽を積んだという経緯からもわかるように
世界レベルでの一流トレーダーのひとりです。

 

その中でもトップクラスの成果を上げていたそうです。

 

そんな彼が提唱する『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』は
果たしてどういった手法なのでしょうか?

 

また、今回は彼の実績は本物なのかについても検証してみましたので
最後までしっかりと目を通して頂くことをおすすめします。

 

Flash Zone FXの内容

 

『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』は一言で言ってしまえば、
逆張りのトレード手法。

 

下がったタイミングで「買い」、上がった
タイミングで「売り」を仕掛けるといういたってシンプルな手法です。

 

これだけを聞くと今までのFXでも売り買いを
自己判断する裁量トレード手法はたくさん出回っているため、
『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』は何が特別なのか全く分かりませんね。

 
 

しかし、ポール・ジモン氏は

 

“巷で出回る裁量トレード手法と
私の裁量トレード手法を同じ扱いで考えないでほしい”

 

と話しており、

 

他のノウハウは本来考えるべき裁量トレードとは
大きくかけ離れたものが多く、
初心者トレーダーたちが惑わされているとのこと。

 

この意見には納得ですね。

 

ただ、個人的に『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』の
販売ページでは極端にトレンドフォロー手法を
否定している箇所が見受けられ
それについては若干疑問が残ります。

 

事実、押し目買い、戻り売りでも
しっかりと勝ち続け、結果を出している手法は
存在するわけですからね…。

 

まぁ、逆張り手法のメリットや強みを推すために
若干大袈裟なくらいにトレンドフォローを
否定しているというのはわかるのですが。

 

この辺の表現に違和感を覚えるのは
私だけではないと思います。

 

 

とはいえ、確かに逆張り手法は勝率が高く
比較的短期間で結果を出せるというのもまた事実です。

 

逆張り手法を推奨している商材は
『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』のみではありませんが
この手の手法で重要なのは長期的に勝てるかどうか?
というところです。

 
 

SMBキャピタルの社員マニュアル

 

ポール・ジモン氏が使用している手法は
SMBキャピタルトップトレーダーALEX SALAZAR氏が
社員のために編み出した

 

“SMBキャピタルの社員マニュアル”

 

だそうです。

 

優秀なトレーダーたちが集うSMBキャピタルの
トレード方法を使用しているのならば、
ポール・ジモン氏が勝ち続けているのも頷けますね。

 

心理学からの観点でチャートにアプローチをかけ、
もっとも優位性のある部分を「仕組み化」したものを
『フラッシュゾーン』と呼ぶポール・ジモン氏。

 

凄腕裁量トレーダーの手法が

 

“個人経営の飲食店が長年かけて編み出した
秘伝のソースのようなもの”

 

ならば、『フラッシュゾーン』は

 

“大手チェーン店のレシピみたいなもの”

 

だと明言しています。

 

 

大手チェーンのように誰でも変わらない味を
作ることができるレシピがあるということは、
FXで言えばだれでも勝てる環境が整っているということ。

 

そのため、未経験者や初心者でもFXで簡単に
収益をあげることが出来ると謳っています。

 

先でも軽くお話しましたが、この手法を編み出した
先駆け的存在はSMBキャピタルトップトレーダーのALEX SALAZAR氏。

 

本来ならば社員マニュアルなんて門外不出の
極秘情報なはずのこの手法をポール・ジモン氏が
日本で公開できたのは、ALEX SALAZAR氏の協力があってこそ。

 

SMBキャピタルまでも巻き込んでの
大盤振る舞いということですね。

 

この『フラッシュゾーン』を理解すると、
相場の心理部分が見えるようになるとのこと。

 

今まで「押し目買い」や「戻り売り」しか
していなかった人には革新的な理解に繋がると語るポール・ジモン氏。

 

実際に今までポール・ジモン氏が手法を
教えてきた生徒たちは、『フラッシュゾーン』の
存在に大きな衝撃を受けていたそうです。

 

“あなたを勝てるトレーダーに育て上げることは
私にとって大きなハードルではない”

 

師としてこれほど頼もしい言葉はないのでは
ないでしょうか。

 
 

公開されたポール・ジモンの実績

 

販売ページでは真っ先に自分の実績を紹介していた
ポール・ジモン氏。

 

flashzonefx2

 

集計データ、3億円運用の証拠動画に加え、
直近のトレード結果も公表しています。

 

ポール・ジモン氏がトレードを学んだアメリカでは
生の実績データをありのまま公開することでしか
信頼を得られない環境だったため、データを公表せず
手法を販売しているトレーダーはあり得ないとのこと。

 

この情報業界で活躍しているトレーダーの内、
ポール・ジモン氏と同じようにデータを公表
出来ている人間は片手で収まる程度しか存在しないそうです。

 

確かにこれには賛同できますし、
日本のトレーダーが販売しているFX商材の多くは
生のデータをしっかりと開示していないものばかりです。

 

おそらく横行する中身のない詐欺商材のことを
言っているのでしょうが、
『片手で収まる程度』というのは少しばかり言い過ぎな気もしますね。

 

 

『あなたが、何を判断基準として自分の師匠的
存在を見つけているのか?』

 

『現在のあなたの師匠(手法提供元)が本当に
確固たる実績があるということを確かめたのか?』

 

と、私たちに語りかける言葉には確かに一理あります。

 

誠意を持って自分の実績を明かしてくれる
トレーダーにこそ、師事を仰ぎたいものです。

 

そういった意味では、販売ページで真っ先に
実績を公開したポール・ジモン氏は、
誠意を持ってストレートにぶつかってきてくれる
真摯な販売者であるようにも思います。

 

ただ、ここで公開されている実績が本当のものかどうかを
確かめる方法はないため、
まだ完全に信用しきったわけではありませんが…。

 

また、『Flash Zone FX』の内容通りに
トレードを行っても成果が表れなかった場合、
マニュアル購入代金を全額返金すると発表しています。

 

計20日間の実践が条件ですが、リアルトレードと
デモトレードのどちらでも構わないとのこと。

 

正直、デモトレードのみでも返金対応に応じるというのは
これまでにない試みですし、
参加者にとっては非常にフェアな条件です。

 

デモトレードであれば資金を失うことはありませんし
完全にノーリスクで手法を試すことができます。

 

ここまでの保証を付けているということを考えれば
ポール・ジモン氏が『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』に
よっぽどの自信があるということがよくわかります。

 

この辺に関しては高く評価して良いのではないかと思いますね。

 
 

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)の評価

 

 

評価結果:Aランク

gchart

 

少しばかり過大な発言は目立ちますね…

 

ここまであまり悪い印象こそ抱いていませんが
現時点ではフィフティーフィフティーというのが
正直な感想ですかね。

 

口だけの詐欺業者ではなさそうですが、
本当に誰でも稼げるのかどうかは別の話。

 

買うべきか買わざるべきか、次回は
『Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)』の更なる詳細な内容を
じっくり考察してみたいと思います。

 

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)
公式販売ページはこちら

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、

ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと

ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を

ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535