9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

FXの注文方法を把握しておこう

 

一通りFXの知識を身に付けたあなたなら

すぐにでもFXを開始したいと思うことでしょう。

 

FXの口座開設も完了して、さぁ実践です。

 

 

とは言ってみたものの、肝心の

 

どうやって注文方法を出すのか

 

が残っていましたね。

 

 

ということで今回は、様々ある注文方法について

説明していきたいと思います。

 

複数あってややこしいと思うかも知れませんが、

知っておくとトレードを有利に進めらますので

もう一踏ん張りしましょうね。

 

 

こんなにあるの?FXの注文方法

 

では順を追って見ていきましょう。

 

 

まずは成行注文についてです。

 

成行注文とはすぐに注文を行いたい場合に使われます。

 

現在の価格で注文を出す方法という表記がされる場合もあります。

 

為替レートをチェックしていて、

今のこの価格で買いたいと思った場合に

成行注文を出すと即座に買えるということです。

 

見たままの価格で買えるわけですから

これが一番シンプルな注文方法です。

 

 

次は指値注文です。

 

指値注文はあなたが買いたい価格、売りたい価格を

決めている時に便利な注文方法です。

 

その上で、もっと安くなったら買いたい、

もっと高くなったら売りたいという場合に使用します。

 

この注文を入れておくと、

為替レートがあなたの希望する価格に到達すると

自動的に注文を入れてくれます。

 

ということは、常にチャートに張り付く

心配が無いということです。

 

 

では逆指値注文です。

 

逆指値注文はもっと高くなったら買いたい、

もっと安くなったら売りたい場合に使われます。

 

要はポジション保有中に反対の売買をしたい場合に

使われるということですね。

 

しかも逆指値注文は自動売買注文として

非常に大事なのでしっかり覚えておきましょう。

 

ローソク足

 

以上の3点が基本的な注文方法で、

それ以外にも応用した注文方法があります。

 

 

まずはIFD(イフダン)注文です。

 

これは指値注文と逆指値注文を

組み合わせた注文方法と言えます。

 

例えばドル/円が100円だとすると、105円になったら買い、

その後110円になったら売りといった具合で

利益確定することが、この注文だけで済んでしまいます。

 

IFD注文の場合は、利益確定の場合よりは

損切りの予約を入れる意味合いで使われることが多いです。

 

先程の例だと105円で買い、その後に99円になったら売りで

損失を確定させることが可能です。

 

 

では次にOCO(オーシーオー)注文です。

 

これは指値注文と逆指値注文を同時に出す方法です。

 

この方法の優れている所は、

どちらかが約定したらもう片方は

自動的にキャンセルされるからです。

 

利益確定注文と損切り注文を同時に出したい場合に

便利な注文方法です。

 

 

最後はIFO(アイエフオー)注文です。

 

これはIFD注文とOCO注文を合わせたようなもので、

合計すると3つの注文を

同時に出すのと同じことになります。

 

ドル/円が100円のとき、105円になったら買いたい、

買ったら利益確定したいが99円になれば損切りしたい

という具合でも可能な注文というわけです。

 

 

いかがですか?

 

かなり長くなってしまいましたが、

これらの注文方法を押さえておけば

注文方法については全く心配いりませんね。

 

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、

ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと

ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を

ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535