9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

ローソク足って何のこと?

 

前回の話は参考になりましたか?

 

レバレッジが武器にもなれば

反対に脅威にもなるという話をしましたね。

 

 

では今回はテーマをガラッと変えて

ローソク足について説明したいと思います。

 

 

ローソク足はFXの基礎本やサイト上でも

よく使われているチャート分析法です。

 

何もFXだけでなく、様々な投資において

チャートを分析するツールとして使われています。

 

古くは江戸時代から使われていたとも言われていますので

歴史のあるチャート分析方法です。

 

しかも日本で誕生したものなので、

他の様々なチャート分析方法よりもまずは、

日本で誕生したローソク足を知っておかなくてはいけませんね。

 

 

ローソク足の基本

 

ローソク足は、4つの値から形成されるものです。

 

 

内訳としては始値高値安値終値です。

 

始値と終値は、一日の一番最初(最後)につけた値段

高値と安値は、一番高い(安い)値段のことを指します。

 

この4つを図にすると、長方形の図形が出来上がります。

 

ローソク足

 

これがろうそくに似ていることから

ローソク足と呼ばれるようになったわけです。

 

 

このローソク足ですが、チャート上では

白抜きと黒塗の二種類あることが分かります。

 

白抜きの方は始値よりも終値の方が高値で終わった場合、

反対に黒塗の方は始値より終値が安値で終わった場合です。

 

白い方は陽線、黒い方は陰線となります。

 

陽線のローソク足が連続して表示される場合は

だんだん高値を更新していることになり、

逆に陰線の場合は安値を更新していることになります。

 

 

ついでに話しておくと、ローソク足には

ヒゲと呼ばれるものがあります。

 

ヒゲとは、始値と終値以外のボックスから

上下に伸びる線のことを指しており、

それが高値・安値を指しています。

 

要は始値と高値の間のヒゲが長ければ、

それだけの値動きがあったことを表します。

 

下のヒゲでも同じなので、簡単に理解出来ると思います。

 

 

ローソク足は色んな時間足で表示することが出来ます。

 

一番短いもので1分足~5分足

長いものになると週足~月足など、

何通りものローソク足を見ることが出来ます。

 

短期トレードを希望する人は1分~5分足の短いローソク足を、

長期でのトレードをしたい人は日足、週足、月足などの

長期的なローソク足を見ることが出来ます。

 

 

初めは見慣れないかも知れませんが、ずっと見ているうちに

ローソク足が示しているものが明確に分かる様になるので

ローソク足の見方が分からない人は

頻繁にローソク足を眺める癖を付けておくのも有りですね。

 

 

一言でローソク足といっても、

相場によって様々なパターンが存在します。

 

それを一気に覚えようと思うと頭が混乱してしまいますので、

最初は基本的なローソク足を表示したチャートを

積極的に見る時間を作った方が良いですね。

 

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、

ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと

ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を

ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535