9割以上の投資商材は勝てないノウハウを販売しているという事実… 詐欺、誇大広告、ねつ造は即通報!!

日本一わかりやすい投資商材検証ブログ 真相報道〝ミヤケ屋〟 ※投資商材を購入される前に業界の裏側に隠された真実を知って下さい※

ロスカットレートはどうやって出しているの?

 

前回はロスカットについてお話しましたが、

あなたが考えているFXのイメージとの

大きなギャップを感じた人はいますか?

 

ですがこの仕組みも結局はトレーダーの

経済的負担と心理的負担を和らげる意味で

とても重要になりますので、覚えておいてくださいね。

 

ですが人によって入金する証拠金額は違いがあるので

何を基準にロスカットされるか疑問が残りますね。

 

 

それにはロスカットレートが存在しています。

 

より詳細を知るために、今回はロスカットレートの算出方法

つまりどうやってロスカットレートを出すのか

説明していきます。

 

 

ロスカットレートの計算方法がある?

 

証拠金が大幅にマイナスになった場合、

マイナスを補わなくてはならなくなるので避けたいところです。

 

証拠金が全くのゼロになったらロスカットなのか

それとも証拠金がどれだけ減ったらロスカットなのか、

その説明をしなくてはいけませんね。

 

FXの基本

 

ロスカットレートが人によって異なるので

算出方法について考える人がいますが、

自分で簡単に算出することが可能です。

 

算出方法を知っていれば、ロスカットされる前に

事前に知ることが出来るので

いくらでも対処法が見つかることになります。

 

 

ではどうやって算出するのか。

 

 

それを知るためには、最低証拠金の金額と

FX業者が定めているロスカットの割合

知っておかなくてはなりません。

 

 

例えば最低証拠金が5万円でロスカット率が

25%の業者を利用している場合を考えます。

 

あなたは最初の段階で10万円の証拠金を入金しています。

 

ロスカットの割合は読んで分かる通り、

初めに入金する口座残高が25%以下に下がったら

ロスカットするというものです。

 

 

仮に現在のレートが1ドル=100円だとして

1万通貨をレバレッジ20倍で買った場合を考えます。

 

最低証拠金から見ていくとして、5万円の25%ですので

12,500円を下回ったらロスカットの対象になります。

 

ということは現在10万円を入金しているので

10万-12,500=87,500円までは損失を出せる計算になります。

 

 

その87,500円に対して1万通貨の値下がり幅に換算します。

 

 

すると87,500円÷1万通貨=8,75円となるので、

為替レートが91,25円まで値下がりしてしまったら

 

12,500円を残してロスカット

 

ということになります。

 

 

これは証拠金の額が多ければ、仮にそれ以上値下がりしても

ロスカットされないということになります。

 

今回はあくまでも1万通貨の場合で計算しましたが、

それよりも多く運用している人は

同じような計算をすればロスカットレートが割り出せます。

 

一見難しそうに思えるロスカットレートですが、

順を追って計算すると分かり易いですね。

 

 

 

 

ミヤケ屋限定企画【ご購入者様プレゼント特典】

 

当ブログで検証を行った結果、管理人である私ミヤケが評価できると判断し、

ご購入者様限定の特典をご用意させて頂いています。

 

以下のバナーをクリック頂けますと

ご購入者様特典配布対象の投資商材一覧を

ご確認頂けますので是非とも目を通して頂ければと思います。

 

banner_w535